新幹線に乗っていたら周囲がざわつき… 「乗り合わせた人々」に衝撃

新幹線に乗っていたら周囲がざわつき… 「乗り合わせた人々」に衝撃

新幹線に乗っていたら周囲がざわつき… 「乗り合わせた人々」に衝撃

(Julien Viry/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

新幹線を利用していると、時折、芸能人や有名人と遭遇することがある。中には、世界的な人気を誇る人であることも……。

タレントで元女子プロレスラーの北斗晶が更新したブログに、注目が集まっている。

■バルサ選手たちと乗り合わせる

この日、「新幹線がざわついた。」というタイトルでブログを更新した北斗。彼女が乗っていた新幹線が品川駅に着いたとき、新幹線内部がすごくざわつき、セキュリティーの人がウロウロし始めたという。

この光景を見て「誰か有名な人が品川駅から乗ってくるんだろうなー」と思っていたところ、サッカー選手がゾロゾロ入って来ることに。北斗はサッカーに疎いため詳しい同乗者に聞いたところ、それはスペインのサッカーリーグ・リーガ・エスパニョーラに加盟している世界的名門・FCバルセロナだった。

27日の「Rakuten Cup」でJ1ヴィッセル神戸と対戦するため、来日中の彼ら。その移動中に遭遇したようだ。

■スペイン語に懐かしい気持ち

この幸運に、「同じ新幹線に乗り合わせたのはかなりラッキーなんだって」と喜びをあらわにした北斗。

また、メキシコにプロレス留学していたこともある彼女は、彼らの発していた「ラピド、ラピド、ラピド〜」という言葉の意味が「早く、早く、早くー」であることがわかったようで、「懐かしい響きでした」と綴ったのだった。

■「スゴい」「羨ましい」

サッカーファンからすれば羨ましさしかないであろう今回の経験。読者からは当然のように羨望の声が相次ぐことに。

「それは 凄いことですよ! 羨ましいなぁ〜」

「むっちゃラッキーじゃないですか。去年まで、そのバルセロナに長年所属していた選手が今Jリーグで試合に出ています。年俸30億超え」

「バルサの選手たちと同じ車内なんて! 凄すぎる!」

■4割以上が「サッカーが好き」

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国の20代〜60代の男女1,329名にサッカーについて意識調査を実施。結果、サッカーを好きな人は45.8%だった。

27日に行なわれる試合を、楽しみに待ちたい。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20代〜60代の男女1,329名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)