マツコ、魂を燃焼させる女性冒険家に驚愕 「最終目的は何なのよ」

マツコ、魂を燃焼させる女性冒険家に驚愕 「最終目的は何なのよ」

マツコ、魂を燃焼させる女性冒険家に驚愕 「最終目的は何なのよ」

27日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、かつて番組で取り上げた美女たちのその後を深堀り。滝行をしていたところで取材した職業冒険家ガルさんの新たな挑戦に驚く。

■3月放送の極寒の滝行スポットで初登場

気温1℃の極寒滝行スポットに中継をした際、マイわらじマイ白装束で一人だけ気合の入り方の違う美女がいた。それがガルさんだ。マツコが「滝行に来たのは1回や2回じゃないわね」と尋ねると、

「30回40回ですね。日本だけじゃなくて世界中で滝行しています。ビクトリアの滝でもやりました」

マツコ、この返しには唖然。間をおいてから「ビクトリアの滝なんて死んじゃうでしょ」とごもっともな質問を投げる。だがガルさんはにっこり笑って、

「雨季と乾季があって、乾季だったら意外といけるんですよ」

■気になるスポンサーは?

なぜそこまで滝行をしようとするのか。それは彼女は「職業冒険家」だからである。「スポンサーさんがいるの?」と、世界中を旅する資金はどこから調達しているのかが気になる様子のマツコ。

「スポンサーさんは何社かいらっしゃいます」

収入は最高月収200万円で、ないときはないという。世界20ヶ所での滝行やサハラ砂漠をラクダでの旅、命綱なしでロッククライミングなど冒険をする報酬として考えると安いぐらいかもしれない。

■マツコ「最終目的は何」

ガルさんは、なぜ過酷なことをするのか。冒険を始めたのは20代前半であり、丸の内OLをしていた頃は会社内でのイジメに悩んでいたそうだ。

そんな折にインド旅行をしたとき、そこに生きる子供たちが死と隣り合わせなのを目の当たりにして、生きる力を取り戻したという。

「生きてるって感じがしないんですよ、日本にいると。ゾンビみたいで。ぜひマツコさんも滝行してみてください」

マツコは苦虫を噛み潰した顔でノーコメント。ブラジリアン柔術の使い手として階級別無差別試合で優勝し、温泉ソムリエにもなっていることもわかれば、思わずマツコが叫ぶ。

「最終目的は何なのよ」

ゴールは定めず、その瞬間を生きることに全力を出す人生とは、こういうものなのかもしれない。

■視聴者は美人冒険家に好評価

癖の強い人生を歩むガルさんの生き様に憧れの感情を抱く視聴者の声は多い。真摯に頑張り続ける姿が人の心を打つのだろうか。

ガルさんめちゃめちゃカッコいいな…
美人女性冒険家#マツコ会議

— ナカ (@NAKA01022) July 27, 2019

マツコ会議に出てた冒険家の人。OL時代イジメられてたなんて信じられないくらい驚いた。あんなに、滝打たれたり、 命綱なしの崖登りとか、オリンピック目指してたり、そんな人を傷つける人って、絶対冒険家の人のように人には持ってない努力に嫉妬してたんかな?#マツコ会議

— aichun (@aichun1015) July 27, 2019

マツコ会議を見て
ガルちゃんさん
素敵だな思って、
インスタ拝見したら
やっぱり素敵だった???

— あき♪*(^o^)/* (@GooMysti) July 27, 2019

今は2024年パリ五輪に競技追加されるかもしれないパラグライダーの金メダルを目指し精進を続けるガルさん。ぜひとも、やり遂げる姿が見てみたい。

(文/しらべぇ編集部・モトタキ)

関連記事(外部サイト)