トム・ブラウン 布川、みちおの2人がコンビニバイトで出会った珍客

トム・ブラウン 布川、みちおの2人がコンビニバイトで出会った珍客

トム・ブラウン 布川、みちおの2人がコンビニバイトで出会った珍客

7月上旬の平日、昼下がり。マスクをかけ、体格のいい短髪姿とロングヘアーの男性2人組が都内のコーヒーチェーン店に入店してきた。

「トム・ブラウンのお2人ですよね?」


席についた2人に、近くにいた20代くらいの女性が声をかける。2018年の『Mー1グランプリ』で決勝に進出し、ブレイクを果たしたお笑いコンビのトム・ブラウンだった。

この時、たまたま2つ隣の席で別記事を書いていた筆者。2人に声をかけ、のちにインタビューを申し込んだところ、このほど応じてくれた。ブレイクから半年が過ぎ、テレビ番組などで目にする機会も多くなってきたが、ブレイク前の生活習慣は続いているようだ。


■「ダメェー!」、合体ネタでおなじみ

トム・ブラウンは高校時代に柔道部の先輩だった布川ひろきと後輩のみちおの2人で2009年に結成したコンビ。

18年の『Mー1グランプリ』で決勝に進出。著名人らのセリフなどを合わせた「合体ネタ」や布川の「ダメェー!」のツッコミで世間の注目を集め、ブレイクする。

Mー1出場後に出演したテレビ番組で明かされた、2人の金銭的に厳しい生活事情。布川の妻が作った味噌汁の中に、ネギが入っていると布川は「豪華じゃん。祭りか?」と喜ぶ。

みちおも当時暖房器具を持っておらず、暖を取るため浴槽に浸かりながら食事をする習慣が紹介されていた。

現在、2人は以前ほど収入には苦労してないものの、上記のことは生活習慣として抜けきれていないようだ。

布川ひろき(以下:「布川」):「バイトをしないと食べていけないほどではないにせよ、大きくは変わってないですね…。


番組見てくれた方から事務所宛に缶詰とか食べ物を送ってくれたことがあったんですが、5割くらいがネギなので『祭り』は続いていますね」


「今までネギを重要視していなくて、大量にあったのでインスタントラーメンにネギを入れてみたりしたら、めちゃくちゃ美味しくなりました。


食生活が良くなりましたが、まるごとバナナ1本を妻と半分で分けて食べたりもするので(そういう意味では)大きくは変わってないですね」


みちお:「生活が安定してきた今でも、浴槽に浸かっちゃいます。この時期だと、33・34度くらいのぬるま湯に浸かると快適なんですよ。


凍らせたペットボトルを近くに置いて、配達で頼んだピザを食べています。そんな生活だからなのか、お金なくなっちゃいますけど」


関連記事:有吉「逃亡犯だっけ?」 Mー1ファイナリスト、トム・ブラウンみちおの私生活がヤバすぎる

■ブレイク直後の戸惑いと試行錯誤

ブレイク後の生活には2人とも戸惑いを隠すことができなかった。

布川:「最初はわけわからなかったですね…。今まで月に1回も仕事がなくて、バイトしかしていなかったのでやることがだいぶ変わりました。ずっとコンビニでレジ打ってただけなので」


みちお:「お笑いライブからテレビに(登場する場が変わった)ということなんですが、テレビだと出演者が芸人だけじゃない番組もあって、また、見ている人の時間帯も番組によって違うのでそれに慣れるのが(苦労した)」


「『この番組ではここまで言えるのか』のように、さぐりさぐりやっていた気がします。今はちょっとだけわかってきました」

■2人がコンビニバイトで遭遇した客

2人はブレイク前から行っていたコンビニのバイトを、稼働日数は減り都合のいい時だけだが今でも続けている(みちおについては現在、籍を残している状態が中心)。中には変わったお客に遭遇したこともあったようだ。

布川:「オフィス街の中にあるコンビニ。建設業風の服装で、見た目がいかついおじさんがいて…。エナジードリンク1本袋に入れるか聞いたら『入れろ、はっ倒すぞ』と返答が。


『レシートお使いですか』と仕掛けてみたら、また『要るわ、はっ倒すぞ』。その人が店の外出てからも睨まれ続けて、本当にはっ倒されそうでした」


「結構変なおじさんが多かったですね。イライラしている人が多い。7時台とか朝なので酔っ払っていないはずですが、スーツを着たエリートっぽいサラリーマンに小銭ぶん投げられたことも。でも楽しかったです」


みちお:「ホテルの中にあるコンビニ。お客は外国人ばっかりで、おそらく日本のルールを知らないんでしょうが…。会計前に水の入ったペットボトルをレジの前で開けて、飲み切ってぐしゃっと潰し、渡してバーコードをかざしてきた人がいました。


飲み終わってから会計をする、ということです。向こうの方にとっては大丈夫なルールらしいんで柔軟に対応しないといけないんですが…。」


「こんなこともありました。20人位の団体客。キャリーケースも20から30個くらいあって、狭い店内なので店の外に置いてたんです。しばらくして客が団体客しかいないなと気づいて、入り口を見たらキャリーケースで塞がれていて…。


入りたい客が『これなんだ?』みたいに戸惑ってて入れなくなっていました。ゾンビ映画でゾンビが(人間がいるところに)入らないようにするバリケードみたいになって面白かったですね」


■合体ネタの原体験は2人とも違う

おなじみの合体ネタが誕生した原体験は、2人とも異なる内容を明かす。

布川:「先輩芸人で、ミックス犬というネタを披露する人からじゃないかと…。プードルとマルチーズを足したら『プーズ』という名前になるといったネタでした」


みちお:「(布川の説明を聞いて)見たこと無い(笑)。映画『ザ・フライ』という、人間にハエの細胞が組み込まれてハエ人間になるという作品が好きで何度か見ていたことと、ロボットアニメ『トップをねらえ!』などから影響されていると思います」


ネタは普段2人で考案。みちおが考えた設定を布川に伝え、「こういうボケどう?」と提案しているとのこと。「ダメェー!」のツッコミは布川から言い出したものだというが、みちおは当初あまりよく思わなかったようだ。

布川:「アドリブでネタを作っていた時期に、みちおがダメなボケをしたと思ったのでダメだと言ったらいつもよりすごいウケました。


確か(先輩芸人の)ハマカーンさんに『めちゃくちゃいいよ』と言われて、1回しかツッコんでいませんでしたが、『それだけで成立するから』とも言われましたね」


みちお:「当時お笑いをわかっていなかったのでそのツッコミは終わりだと思いましたね…」

■粗品との馴れ初め

また、過去に出演した番組で、みちおが霜降り明星・粗品が好きであることを公言していたが、好きになったきっかけは18年のMー1だったという。

みちお:「決勝では僕ら1組だけ違う事務所(ケイダッシュステージ)で、あとはみんな吉本興業。誰も意地悪な人はいないとわかってはいましたが緊張してて…。


粗品くんは変なボディータッチをすることがあって、その時も肩をさらさらさらと(なでるような)触り方をしながら、『よろしくお願いします』と言ってきてくれました。


今まで体験したことないタイプのボディータッチをしてもらって和んで、その時にめちゃめちゃいい人だと思って以降好きだなと思うようになりました。ご飯行って、輪の中に入れなかった時も話しかけてくれたり。最高ですね」


「あ、でもせいやくんには(愛情は)勝てますね(笑)。会えば2人とも仲いいですけど」


■考案中の新ネタ

2人は今年もMー1に出場予定。新ネタも考えているとのことで、一部を明かしてくれた。

みちお:「滝川クリステルに二酸化ケイ素を足すと滝川クリスタル、というネタを作りたいと思ってますが…」


布川:「元素記号を見て考えて、設定はスゴイ良いと思っているんですが、そこまでしか進んでません…」


みちお:「元素記号でネタを作ることは考えましたが、構築するまでの脳は持っていませんでした笑。理系の大学で披露したらウケそうな気がします」


■サイン色紙をプレゼント

しらべぇでは今回、トム・ブラウン直筆のサイン色紙を抽選で1名様にプレゼント。応募方法は…

1.しらべぇとトム・ブラウンのみちおのツイッターアカウントをフォロー


2.サイン色紙プレゼントキャンペーンツイートをリツイート


3.トム・ブラウンインタビュー記事をクリック&ツイート


の3つ。ぜひ奮ってご参加ください。

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝)

関連記事(外部サイト)