『情熱大陸』チーズ職人に密着 貴重な手作りに注目集まる

『情熱大陸』チーズ職人に密着 貴重な手作りに注目集まる

『情熱大陸』チーズ職人に密着 貴重な手作りに注目集まる

(peuceta/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

4日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、チーズ職人の柴田千代氏に密着。わずかしか作られず、市場には出回らないという柴田氏のチーズが視聴者の注目を浴びている。


■どこまでも丁寧なチーズ作り

日本らしいオリジナリティーと芳醇な味が評価され、2017年に「ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」で農林水産大臣賞を受賞した柴田氏。そんな柴田氏は現在、千葉県大多喜町の古民家でチーズ作りに明け暮れている。

チーズ作りでは、一度加熱した牛乳を素早く冷やしながら様々な菌を加えていく。柴田氏は、日によって微妙に変化する味を見て、菌の配合を変えている。柴田氏は、夏と冬ではミルクの特徴が違うため、直感で菌の配合を0.01グラムのクラスですべて変えていくと語った。


関連記事:ファンキー加藤のW不倫に痛烈な指摘「下半身は感謝を忘れる」

■「作るチーズの数は変えない」

密着したこの日に作っていたのは日本一を取った柴田氏の代表作。柴田氏は、作るチーズの数を増やす予定はないと明かし「現状維持ぐらいで、いくら人気になっても変えません」と強調。その上で、「質が落ちちゃうから、そこを変えたら本末転倒」と、チーズに対する丁寧な思いを述べた。

中でもモッツァレラには繊細さが求められるという。柴田氏の友人は「モッツァレラを作る時は話しかけないで」と、柴田氏に言われたことを明かした。そんな柴田氏について、友人は「チーズに対しては真面目」と、真剣に取り組む柴田氏を、遠まわしながら称賛した。


■食べたい人が続出

どんな手間のかかる作業でも妥協せず真摯に取り組み、丹精込めて作られた柴田氏のチーズについて、視聴者の間では「一度食べてみたい」と話題になっている。

情熱大陸、とても美味しそうなチーズ職人さんの映像見てたら無性に食べたくなり今モッツァレラってます。?柴田千代さんのチーズ、一度食べてみたい。

— 高橋 圭 (good sleeps) (@zazamino) August 4, 2019

柴田千代さんのチーズ食べたい?#情熱大陸 #チーズ好き

— 絢?腹筋・くびれマイスター (@pink_bmw) August 4, 2019

情熱大陸でやってた人のチーズ食べたい? めっちゃ美味しそうだった 笑

— saki (@saki24may) August 4, 2019

柴田千代さんのチーズを食べて見たい。チーズというよりこの人の作ったものを食べてみたい。
でも正直、チーズの味はよく分からない。ブルーチーズもワインも苦手。
柴田千代さんのチーズを食べるのに相応しい自分になれるように、チーズを勉強したいと思った。#情熱大陸

— 南国マンゴー (@doramango5) August 4, 2019

質が落ちるため、作るチーズの数は変えないという柴田氏。こういった丁寧な考え方がチーズにも反映され、人々を魅了していることに違いない。

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子)

関連記事(外部サイト)