本田翼、超長文の投稿に反響 「めっちゃ早口で言ってそう」

本田翼、超長文の投稿に反響 「めっちゃ早口で言ってそう」

本田翼、超長文の投稿に反響 「めっちゃ早口で言ってそう」

好きなものについて語るとき、人は無意識に早口となってしまうもの。ネット上には「めっちゃ早口で言ってそう」というスラングも存在するほどだ。


■本田翼、新作発表会へ

重度の「ゲームオタク」として名を馳せる女優・本田翼が2日に自身のインスタグラムを更新。10月25日より世界同時発売予定のゲームソフト「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」の発表会に出席したと報告している。

「CODは歴史が長いため、新参者の自分が介入して良いものか…」とジレンマを見せた本田。しかしそんな悩みを吹き飛ばすが如きゲーム愛を披露し、ネット上で大きな話題に。

View this post on Instagram

? 今日はなんの日? そうです。 Call Of Duty Modern Warfare の情報解禁日です。 ということで行ってまいりました。 CODという愛称で有名なあのゲームの新作発表会へ? と言ってもCODプレイ回数数回未満の自分。 正直、CODは歴史が長いため コアファンの方々で固められているイメージが強く、 新参者の自分が介入してよいものか… という気持ちだったのですか ゲームはあくまで『たのしむ』ことを前提としているもの。 新規の方でも楽しんでプレイできることを 同じく新規の本田さんに伝えてもらいたい。 というオファーを下さった方々の言葉に感銘を受け ささやかではありますが、自分なりに 今回プレイした感想、新作の魅力などを 書いていきたいと思います。 #CallOfDuty #modernwar

A post shared by honda tsubasa (@tsubasa_0627official) on Aug 1, 2019 at 5:38pm PDT

関連記事:本田翼の出没場所にファン興奮 「行くの!?」「びっくりしちゃう」

■怒涛の1,000文字レビュー

「ささやかではありますが、自分なりに今回プレイした感想・新作の魅力などを書いていきたいと思います」と、控えめなコメントを見せた本田。しかし蓋を開けてみると、インスタグラムの投稿を2つに分けてトータル1,000字近い「ガチレビュー」を炸裂させている。

「銃のカスタマイズにオンリーワン感がある」「今回、リスポーン位置は3箇所くらいをランダムに点々とする感じ」など専門用語を織り交ぜつつ、ゲーム愛あふれるレビューを綴った。

View this post on Instagram

? 続き? CallOfDuty Modern Warfareプレイ感想は 1.ナイトビジョンモードがたのしすぎる 2.銃のカスタマイズがオンリーワン感がある 3.リスポ打ちやめなさい 1のナイトビジョンというのは今回のModernWarfareから搭載された機能で 夜戦が楽しめるという最高にエキサイティングな 心臓ばくばくモードです??♀? 暗転カメラのような世界でとびかう レーザーポインターがなんとも美しく それを自分に照準を合わせられると儚く散る っていうかなんであんな暗い中ヘッショ決めてくるのか ズルすぎるすみません弟子にして下さい。 2は銃のカスタマイズの幅がかなり広がり、より自分らしく誰とも被らないオンリーワン銃を カスタムできるようになってました! 銃に詳しくない人にもできるように、 パーツ1つ1つにメリットデメリットが表記されてます。 3.そのままです。ほんとに生まれた瞬間一呼吸も待たずに。 おやめにって? でも今回、リスポーン位置は3箇所くらいを ランダムに転々とする感じなので安心下さい。 私はたまたま同じところに2回連続生まれてしまい 2階連続やられてしまっただけです。 この怒りを糧に精進してまいりたいと思います。 長くなりましたが以上です?? お付き合い頂きありがとうございました。 発売はまだ先ですが個人的にたのしみです??♂? #CallOfDuty #Modernwarfare

A post shared by honda tsubasa (@tsubasa_0627official) on Aug 2, 2019 at 6:31pm PDT


■ゲームに興味がないファンからも…

ひたむきなゲーム愛が感じられる投稿を受け、ゲーム好きからは共感の声が続出。「普段はゲームをしない」というファンからも、反響の声が多く上がっている。インスタグラムのリプライ欄を見ると…

「さすが世界一かわいいゲーオタの本田翼ですわ。めっちゃ早口で言ってそう」


「この文章の長さで控えめ…? やっぱり本田翼は最高だ」


「CoD全然興味なかったけど、翼ちゃんがこんなに熱中するゲームなら興味ある」


といった投稿が多数見られた。


■オタクな芸能人

どこかセレブな雰囲気が漂う芸能人は、遠い存在に感じられるもの。しかしゲームや漫画など意外に庶民派な趣味の持ち主と発覚し、高感度が急上昇するケースも珍しくない。

女性芸能人のオタク代表が本田だとすれば、男性芸能人の筆頭は俳優・松坂桃李。爽やかイケメンの松坂には多くの女性ファンがいるが、カードゲーム「遊戯王」のオタクということが発覚すると男性オタク層からの支持率が急増した。

つい先日もマイペースな「遊戯王」ツイートを投稿し、ファンを和ませている。

HELLO WORLDの取材が着々と行われております。今日は監督にも会えました。新たな情報があると思います。

そして最近は、10回言ったら3、4回は噛みそうなこいつを出すのにハマってます。 pic.twitter.com/urCrs0VzJF

— 松坂桃李 (@MToriofficial) July 27, 2019

趣味に本気で打ち込む姿は輝いて見えるもの。本田の魅力の源は、強烈なゲーム愛にあるのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)