「ある男をぶっ殺して」 ポルノスターが依頼した殺し屋の正体とは

「ある男をぶっ殺して」 ポルノスターが依頼した殺し屋の正体とは

「ある男をぶっ殺して」 ポルノスターが依頼した殺し屋の正体とは

(aruba200/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

命がけで産んだ息子は可愛いが、その父親は許せない。そんな思いを抑えきれなくなったポルノスターが、ついに殺し屋を雇う事を思いついた。


■女が抱いた殺意

2005年よりポルノ作品に登場し、有名ポルノ動画サイトでも人気を博していた女(31)がアメリカにいる。

その女が秘かに憎しみを募らせ「死んでほしい」と強く願っていたのは、なんと自らが産んだ息子の父親。「この男には消えてほしい」と切実に願うようになった女は、ついに殺し屋を雇うことを決意した。


関連記事:ボンネットに男性を乗せ約7キロ走行した女 「怖すぎる」「殺意しかない」と悲鳴

■「殺し屋」との接触

この女が「金は払うわ」「だからアイツを殺してくれない?」という殺害依頼の電話をあちこちにかけ始めたのは、昨年秋のこと。

それを知った友人が「この番号に電話すればいい」と「殺し屋」の連絡先を女に教え、女は早速相手と接触。約束した額の半分にあたる25万円超を殺し屋に送付した。

残りは殺害終了後に支払うと約束したといい、さらに「男の家にいる人たちが怪我をしても全然気にしない」「ただ私の息子が怪我をしないようにして」などと条件もつけていたという。

■「殺し屋」の正体と女の逮捕

その後、この女は「真剣に男性の殺害を企てていた」として逮捕された。「殺し屋」として女と接触していたのは、なんとおとり捜査官であったという。

女の計画を知った友人の一人が「このままではマズイ」と通報。警官の電話番号を入手し「ここに電話をかければいい」と女に話したといい、女は警官を殺し屋だと信じ、殺害を計画していたのだ。

女はこの件につき有罪であると認め、最長10年の実刑判決が下される可能性があるという。


■殺意を抱いた経験は?

自ら手を下すことは避けたかったとみられているが、実際に男性に対し強い殺意を抱いていたというこの女。

あまりにも恐ろしいことにも感じられるが、しらべぇ編集部が全国20〜60代男女1,537名に対し「本気で殺意を抱いたことがあるか」につき調査したところ、全体の27.3%が「ある」と回答した。

友人が機転を利かせ通報しなければ、この女は実際に息子の父親を誰かに殺させていた可能性が高い。おとり捜査もさすがだが、友人も偉かった。

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代男女1,537名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)