的場浩司、「スイーツ好きの原点」紹介 視聴者からは不満の声

的場浩司「人生最高の一品」に母親の作ったホットケーキを紹介 「そうじゃない」の声

記事まとめ

  • 17日放送のTBS『人生最高レストラン』に、"スイーツ男子"の的場浩司が登場した
  • 的場は「人生最高の一品」として、母親の作ったホットケーキを紹介
  • 視聴者からは的場のチョイスに対し「そうじゃない」と納得のいかない声が続出した

的場浩司、「スイーツ好きの原点」紹介 視聴者からは不満の声

的場浩司、「スイーツ好きの原点」紹介 視聴者からは不満の声

的場浩司、「スイーツ好きの原点」紹介 視聴者からは不満の声

(画像は的場浩司公式ブログのスクリーンショット)

17日に放送された『人生最高レストラン』(TBS系)には、的場浩司が登場。的場はスイーツにハマって45年で、1日に1回は必ずスイーツを食すという、れっきとしたスイーツ男子だ。

今回、そんな的場がこの夏食べておきたい極上スイーツを一挙紹介。しかしその一方、人生最高の一品には納得のいかない視聴者が相次いでいる。


■スイーツ好きの原点

的場の「人生最高の一品」は、母親の作ったホットケーキ。的場いわく、母親が作っていたホットケーキには卵が使われていなかったという。作り方はホットケーキミックスに牛乳を混ぜ入れるだけというシンプルなもの。

しかし、的場にとっては最高に美味しかったらしく、そのホットケーキを食べたことがきっかけでスイーツの歴史が始まったのだという。なお的場は、ホットケーキは妻にも作ってもらうことを明かした。

ホットケーキがスイーツ好きとしての「エピソード0」だと語る的場。そんな的場にとってスイーツとは、誕生日や結婚式など人々が喜ぶ場所にあるもので、「笑顔の時間を提供してくれるもの」だという。


関連記事:的場浩司、泣く子供に無関心な父親への「イラつく…」に共感の声相次ぐ

■チョイスに不満の声も

人生最高の一品に「母親の手作りホットケーキ」を選んだ的場。しかし、視聴者からはそのチョイスに対して「そうじゃない」と納得のいかない声が続出。

『人生最高レストラン』という芸能人が好きなお店や料理を紹介する番組を観て行きたい場所をチェックするのが好きなのだけど、そこそこの確率でゲストが人生最高の食べ物として【母が作った〇〇】【学生寮で食べた思い出の△△】というものを挙げるの、「そうじゃないんだ!」という気持ちになる。

— 友井羊@小説家 (@tomoihitsuji) August 17, 2019

人生最高レストラン、不愉快になることが少ないのでよく見るのですが、タメてタメて発表された人生最高の食べ物が「(家族)が作ってくれた(素朴な食べ物)」な時、とても萎えてしまう、だった家族が作ったものは最高に決まってるじゃないですか……私は芸能人が気に入ってる贅の極みを見たいんじゃ

— ろん??? (@ronloned) August 17, 2019

観るグルメガイド的な番組の最大のオチである「あなたにとっての人生最高の一品は?」に、おふくろの味とか個人的な手料理とか視聴者が絶対に共有できないモノを持ち込むのは禁止して欲しい。
「コレいつか食べてみたい!」という夢想を味わう番組なのに、主旨が台無しだよ。#人生最高レストラン

— くっちゃねいちゃ (@kutcha_nature) August 17, 2019

人生最高レストラン、最後に「家族が作った〜」とか持ってくるのホント辞めてほしいめちゃくちゃ萎える

— くるみもち (@mocchimochi_315) August 17, 2019


■スイーツ好きの割合は

しらべぇ編集部が、全国の20代〜60代の男女1,365名に調査したところ、「週に2回以上スイーツを食べる」と答えた人は36.8%だった。

どの年代でも、男性よりも女性の方が多くスイーツを食べているようだ。しかし、的場のようにスイーツをこよなく愛する男性も確かに存在している。

スイーツを特集した今回の放送で、甘いものに興味を持った男性もいたのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)