多くの人の部屋着はダサい? 「服さえ着ていない」裸族派までも…

多くの人の部屋着はダサい? 「服さえ着ていない」裸族派までも…

多くの人の部屋着はダサい? 「服さえ着ていない」裸族派までも…

(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

家にいるときには、部屋着を着用している人が多いだろう。部屋着は普段に着ている洋服よりも、ラフなもののほうが動きやすいものだ。


■半数近くが「部屋着はダサい」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「部屋での服装」についての調査を実施。

「とてもダサい部屋着を着ている」と答えた人は、全体で49.5%と半数近くの高い割合になっている。


関連記事:足の踏み場もない「汚部屋」に住んでいるのはどんな人? 見た目はきれいな女性でも…

■男女間で部屋着に対する意識差

性年代別では、男性よりも女性の割合が高くなっている。

女性のほうが、ダサい服を着ているわけではない。部屋着に対する意識差が、男女間であるようだ。

「部屋ではハーフパンツとTシャツでいるけれど、家の外でも夏場はこんな感じのスタイルでいる。だから部屋着がとんでもなくダサいとかは、思ったことがない」(20代・男性)


一方で女性には、おしゃれな部屋着のイメージが頭の中にある。

「おしゃれな女性はジェラートピケみたいな、かわいいブランドの部屋着を着てそう。だけど私はTシャツとジャージとか、かわいさのかけらもないラフなものばかり。


部屋着で近所へ買い物くらいは行くけれど、さすがに知り合いに見られるのは恥ずかしいかな」(30代・女性)

■普段着を部屋着に降格

これまで普段着として着ていたものを、部屋着に回す人も多いだろう。

「それまで普段着として着ていた服の中で、洗濯でよれたものなどを部屋着に降格している。一応普段に着る服として買ったのでダサさはないと思うけれど、ちょっとした汚さは否めない。


部屋着のためにわざわざ新しいものを買うのはもったいない気がするので、これからも部屋ではよれた服を着ると思う」(30代・男性)


■部屋着さえも着ない

誰もいない部屋では、全裸でいるという人も。

「部屋着にまでお金をかけている人は、かなりのおしゃれかお金に余裕がある人。人に見られることがほとんどないものに、そこまでお金をかける気持ちが僕にはわからないから。僕の場合、夏の暑いときに部屋で一人なら全裸でいることも多いから」(30代・男性)


部屋着にまでファッション性を求める人は、あまりいないのかも。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の男女1,653名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)