超悪質運転手、泥酔した客を強姦した上に「吐きやがった」と高額請求

超悪質運転手、泥酔した客を強姦した上に「吐きやがった」と高額請求

超悪質運転手、泥酔した客を強姦した上に「吐きやがった」と高額請求

(algre/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

Uberを利用したものの、運賃をぼったくられた上に酷い被害を受けた女性がいる。Uberの安全性が問題視される中、利用する側も警戒心をもっておく必要がありそうだ。


■配車アプリUberを利用した女性

米フィラデルフィアにてUberを利用した女性が、とんでもない被害を受けた。

今年2月のこと、同女性はカジノでの楽しいひと時を終え午前2時頃に配車アプリUberを利用。外国人運転手(27)が女性を迎えに行き車に乗せたというが、目的地まで15分という距離であったにも関わらず、到着まで53分もかかるルートを選択されたという。

しかし女性は泥酔しており、その後に車中で起きたおぞましい出来事につき「記憶が吹っ飛んでいた」と明かしている。


関連記事:配車アプリ『Uber』が日本でトレンドにならない理由

■目覚めた女性が気付いた異変

到着後、運転手は「車内で嘔吐したな」と女性を責め、通常運賃に加え約1万6千円を追加で請求。その後に酔いがさめた女性は両方の太ももにできていた不自然なアザに気付き嫌な予感がし、強姦被害の有無を確かめるべく病院に行き「DNAなどを採取してもらった」という。

そこで予感が的中していたと知り驚いた女性が通報し、運転手の悪事がばれた。

■運転手に下された判決

運転手側は、決定的な証拠を示され「性交渉はした」と告白した。しかし「女性に誘惑された末の性交渉だった」「自分には妻がいるため、アレは単なる浮気にすぎない」などと主張。

だがこの件が問題視されたことから男はUberの運転手リストから抹消され、裁判所も男の行為を悪質だと判断し有罪判決を下した。


■Uberがらみの犯罪に要注意

本物のUber運転手だけでなく、運転手と偽り女性を車に乗せ、そのまま誘拐・強姦するケース、さらには殺害に至るケースもアメリカでは問題になっている。

米メディアは、車に乗る前に必ずアプリでナンバープレートを確認すること、アプリで運転手の顔を確認すること、また誰かに移動の詳細をシェアしておくことなどで「偽運転手に騙される被害を防ぎましょう」と注意を促している。

深夜、しかも記憶を失うほど泥酔した時のひとりでの利用も避けた方がよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)