土屋太鳳、ヒーローと2ショットを撮るも“筋肉愛”が止まらない

土屋太鳳、ヒーローと2ショットを撮るも“筋肉愛”が止まらない

土屋太鳳、ヒーローと2ショットを撮るも“筋肉愛”が止まらない

東京都・池袋で開催中のイベントに訪れた女優・土屋太鳳。興奮しながらイベントの感想を綴ったが、途中から話題が脱線して注目を集めている。


■ヒーローが大好き

土屋が訪れたイベントは『ウルトラマンフェスティバル 2019』。全国の少年たちが一度は熱狂した思い出のあるウルトラマンだが、土屋もかなりウルトラマンが好きなようだ。

巨大なウルトラマンタイガとともに写った画像をアップし、「ヒーローってすごいです」「上半身だけでもこんなにカッコ良いってどういうことだろう」と感動した様子で文章を綴っている。

View this post on Instagram

やっと行けた!!!間に合った 一瞬しか行けなかったけれど…でも嬉しい??? 写真は、ウルトラマンタイガと! ヒーローって凄いです。 上半身だけでもこんなにかっこいいって どういうことなんだろう。 . 「トクサツガガガ」で、 あるヒーローファンの女性が ステージでのヒーローのおしりを撮っていた、 というエピソードがありましたが、 あれは後ろ姿が好きというのもあると思うけど 背中から腰、足にかけて、 筋肉の付き方がアクターさんによって違うので、 アクターさんのファンのかたは そこで見分けている、という面もあるのです? ヒーローもかっこいいですが、 スーツを通してでも伝わる身体づくりに 全力をかけるアクターさんがたも 本当に凄いと思うんですよ。 ヒーローだなぁと思います。 . 「ウルトラマンタイガ」は、テレビ東京系列で 今まさにオンエアされているのですが、 タイガは、 「ウルトラマンタロウ」の息子さんなのです? ちなみに私がエメラナ姫としてお世話になった ウルトラマンゼロは、 登場から今年で10年??? 最初の頃のゼロは めちゃめちゃ荒れてたんですよね… そこがまた素敵なのですけれど?? テレビシリーズが無いながらも 本当に長く愛されているゼロは ウルトラセブンの息子さんなので、 いつかゼロの息子さんも登場するといいな? . ヒーローだけではなく ウルフェスに来られるお客さまにも 2代、あるいは3代でヒーローが大好き! という御家族が本当に多いので、 これからも親子の思い出の場として ウルフェスが末永く愛されることを 心から心から願ってます??? . ウルフェスは池袋サンシャインシティで 8月26日、月曜日までの開催です? 時間は10時から最終入場が17時まで。 あと少しの期間ですが、 素敵な思い出がたくさん輝きますように…??? 私も、ヒーローパワーと一緒に いってまいります??? #ウルトラマンフェスティバル #ウルフェス #ウルトラヒーロー #特撮 #ウルトラマンタイガ #ウルトラマンゼロ #エメラナ

A post shared by 土屋太鳳 (@taotsuchiya_official) on Aug 21, 2019 at 5:29am PDT


関連記事:キモすぎて無理! 筋肉自慢の男性がしたドン引き行動3選

■筋肉も大好き

しかし、ファンからの注目を集めたのはその後の下り。

ヒーローのスーツを見に纏ってアクションを行うアクターに話題を転じ、「背中から腰、足にかけて、筋肉のつき方がアクターさんによって違う」「ヒーローもカッコ良いですが、スーツを通してでも伝わる身体づくりに全力をかけるアクターさんがたも本当にすごい」と筋肉について語り始めた。

日本女子体育大学に籍を置き、日々のトレーニングを欠かさない土屋にとって筋肉は目がいってしまうポイントなのだろう。

■土屋の熱量を受けて…

ウルトラマンの話題から突如、筋肉の話へと脱線してしまった土屋。筋肉愛あふれる文章を見てファンからは…

「やっぱり太鳳ちゃんは筋肉好きなんだね(笑)」


「めっちゃ早口で言ってそう」


「途中から筋肉メインの話になってて笑った」


と言った声が多数寄せられている。ヒーローには鍛え抜かれた肉体が不可欠なので、土屋もスルーできなかったのだろう。


■マッスル男性への注意

一時期は「細マッチョ」の男性が人気を集めたように、男性の筋肉に憧れる女性は多い。かといって筋肉のある男性がすべからず尊敬を集めるわけではないので、注意が必要だ。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象として調査したところ、「筋肉を自慢されても羨ましくない」と回答した人は全体の67.0%と判明。

どんなに素晴らしいものでも、自慢しすぎると逆効果になってしまうのだろうか。

多方面にアンテナを張っているためか、話がしばしば脱線してしまうのも土屋の魅力。次はどんな近況報告が見られるのか期待したい。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

関連記事(外部サイト)