「7人を撃ち殺す!」 銃乱射予告を行った少年が逮捕も母は猛反発

「7人を撃ち殺す!」 銃乱射予告を行った少年が逮捕も母は猛反発

「7人を撃ち殺す!」 銃乱射予告を行った少年が逮捕も母は猛反発

(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

おぞましい銃乱射を予告するメッセージを書き送っていた15歳の少年を、警官隊が逮捕。「まだ小さい男の子じゃありませんか!」「ジョークですよ」と母親は必死に庇ったが、警官隊は毅然とした態度で「これは重罪だ」と突っぱねた。


■警官隊が高校生を逮捕

今月16日のこと、米フロリダ州で暮らす親子の家に警官らが急行し、その家の息子を逮捕した。当局はその際のやりとりを映像におさめFacebookにて公開し、その内容が大反響を呼んでいる。


関連記事:「泳ぎ方を教える気だった」 酔った父親が子供を海に放り投げ逮捕

■警官隊と母親のやりとり

この日、警官隊は少年がゲーム特化型チャットアプリに書き込んだメッセージが「法に触れる」と主張。

少年は「学校にオヤジの銃を持って行き少なくとも7人は殺してやる」と書き込んでいたといい、これに気付いたFBIが現地警察に連絡し捜査を要請したのだという。

この件で少年は自宅前で手錠をかけられたが、母親は自宅に銃があると認めつつも、息子を擁護。「まだ小さい子供でしょうに」「遊んでいただけだわ」「こんなの、よくあるジョークですよ」とも主張したが、警官はその言い分を一切認めなかった。

■「冗談でも許されない」

母親に抵抗されるも警官は厳しい態度を崩さず、「冗談だろうが、こういうコメントを書き送る時点で重罪なのです」ときっぱり。

「ゲームをしていただけでしょうよ」と母親はそれでも反発したが、「実際に銃を乱射しないとは言い切れないでしょう」「こういうコメントを書く時点で違法です」と警官も言葉を返し、少年を逮捕した。


■世間の反応

警察の毅然とした態度を人々は高く評価し、Facebookには「人の命をジョークネタにするとはけしからん!」「母親は気の毒だけど、多くの子がこの動画を見て学ぶべき」「親もまともな育児につき学び直すべき」「もし自分の息子なら容赦しない」といったコメントが噴出している。

銃の乱射事件がたびたび起こるアメリカだけに、FBIも事件を未然に防ぐべく尽力している。

日本でも「学校を爆破する」といった脅迫メールやネット上の書き込みが相次ぎ問題になっているが、同じように厳重に取り調べ、犯人の年齢に関わらず「絶対に許さない」という姿勢で逮捕を目指してほしい。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)