「衣替えは面倒」と感じるのは5割以上 北陸・東北地方では異なる傾向も

「衣替えは面倒」と感じるのは5割以上 北陸・東北地方では異なる傾向も

「衣替えは面倒」と感じるのは5割以上 北陸・東北地方では異なる傾向も

(vejaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一年の中に春夏秋冬と異なる季節が存在し、それぞれの時期で気温や気候の特徴がある。季節の変わり目は衣類の変化も激しく、特に夏服と冬服の入れ替えは大掛かりな衣替えをしなければならない人もいるだろう。中には、この作業を億劫に感じている人もいるのでは?


■2人に1人が苦手な衣替え

しらべぇ編集部は全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の52.9%が「衣替えを毎回億劫に感じている」と回答した。

じつに2人に1人の割合が、毎回衣替えを面倒だと感じながら行なっているようだ。なお、男性45.9%に対して女性59.6%と女性の割合が高い傾向も判明した。


関連記事:寒くて出かけたくない…冬になると「スイッチが切れる」人も

■女性は衣替えが大変?

さらに、男女年代別に見ていくと…

すべての世代において女性の割合が男性を上回っており、もっとも割合が高いのは50代で67.8%と突出した。 また、男性は世代によって大きな変化は見受けられず4割台をキープしているが、女性は30代を底辺にV字型のグラフ配置となっていることも特徴的だ。

一般的に男性に比べて女性のほうが服のデザインや種類が多い印象だ。衣替えの際、入れ替える服が多く年代を問わず、億劫に感じてしまう人が多いのかもしれない。


■地域で異なる差も

春夏秋冬、時期によって地域の温かさや寒さは大きく異なるもの。そこで、今回の調査結果を地域別に見ていくと…

もっとも衣替えを億劫に感じているのは、富山・石川・福井からなる北陸地方で60.7%。冬には雪が多く降る豪雪地帯であり、寒さ対策が必要な地域。夏服・冬服の入れ替え作業にも手間がかかってしまうのだろう。

なお、北陸地方と同様に寒さが厳しい東北地方は、45.7%で最下位と意外な結果であった。冬が長く夏が短い。年間を通して比較的気温が低く、羽織りものが手放せないことも多いだろう。そのため、衣類を総入れ替えすることが少ないのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の男女1653名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)