1500名が被害に遭った児童性的虐待・暴行事件 被告の男たちへの量刑が波紋

1500名が被害に遭った児童性的虐待・暴行事件 被告の男たちへの量刑が波紋

1500名が被害に遭った児童性的虐待・暴行事件 被告の男たちへの量刑が波紋

(Choreograph/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

性犯罪の捜査上に浮かび上がった重要参考人たち。そこに微妙に絡んできたのが人種差別の問題だった。英国のある町でこのほど数名の被告に有罪判決が下されたが、その量刑の軽さが問題になっている。


■ロザラム児童性的搾取事件

英国サウスヨークシャー州のロザラム周辺で1997年〜2013年にかけ、アジア系ばかり少なくとも1,510名の少女が性犯罪の被害にあったとされている「ロザラム児童性的搾取事件」。

世界に広く報じられたこの一連の児童性的虐待・暴行事件のうち、一部に関与しているとされたパキスタン系英国人の男の容疑者6名に対する裁判が、このほどシェフィールド刑事法院で結審した。


関連記事:配達員の男が配達先で女子高校生をレイプ 信頼を踏みにじる、魂の殺人に怒号

■捜査上の大きな問題も発覚

「ロザラム児童性的搾取事件」は、じつは被害者の数が膨大であること以外にも、捜査上の問題のせいで有名になっていた。

英国籍を持つパキスタン系の男5名が一部の事件に関与していることを、警察は2010年に把握していながら情報を長年放置していたのだ。容疑者全員がパキスタン系であるため、「人種差別だ」として暴動や分裂が起きることを州政府と州警察が懸念したためだった。

やがてその事実を知った被害者やその家族、人権擁護活動家などは、「被害者がアジア系だと事件は常に軽視される」と彼らの無責任さを糾弾。

ようやく本格的な捜査のメスが入るとともに、英国が抱える性犯罪事件と人種問題の悩ましき現実について世界に広く報じられていた。

?■子供らしい無垢さを奪う性犯罪

そうした背景もあり、このたびの裁判は世間の大きな注目のなかで開かれた。マイケル・スレーター判事は法廷でこう諭している。

「無責任さが露呈した捜査当局。それに比べ、称賛すべきは被害に遭った少女たちです。ほかの女の子たちの身に同じことが決して起こらないようにと、勇気をもって警察に被害を訴え出てくれたのです」


「無垢なはずの子供時代をあなたがたに摘み取られ、彼女たちはそれを取り戻すこともできない。このことの残酷さ、罪深さを被告人たちはよく考えなさい」


こうして6名の被告全員に有罪の評決が下った。

スレーター判事はアフタブ・フセイン被告(40)に懲役24年、シャラズ・フセイン被告(35)に同4年、アビド・サディク被告(38)に同20年、別の性犯罪事件で15年の懲役刑が下っているマサウエド・マリク被告(35)には加えて同5年と、それぞれに禁錮刑を言い渡した。


■軽すぎる量刑に驚く世間

ただし量刑はいずれも世間の予想より軽いものだった。性犯罪の再犯率は非常に高く、事実それを繰り返してきた彼らは厳しく断罪しなければならないというのに、ここでもまた、パキスタン系の人々が荒れては困るという異様な気遣いが働いたということなのか。

「男性機能が衰えないうちに彼らを社会に戻しては危険だ」といった批判の声は、法曹界からもあがっている。

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

関連記事(外部サイト)