張本勲氏、大谷選手所属球団の打撃コーチを猛批判 「仕事していない」

張本勲氏、大谷選手所属球団の打撃コーチを猛批判 「仕事していない」

張本勲氏、大谷選手所属球団の打撃コーチを猛批判 「仕事していない」

1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が大谷翔平選手のバッティングについて、所属するアナハイム・エンゼルスの打撃コーチを厳しく批判した。


■田中将大投手を称賛

番組はまずシアトル・マリナーズ・菊池雄星投手とニューヨーク・ヤンキース・田中将大投手が試合で投げ合い、田中投手が勝利し6年連続二桁勝利を達成した様子を取り上げる。

張本氏はこの件について「面白いもので、日本では対戦ないんですよ」と説明し、記録について

「6年連続だからね、安定してるから、これは立派だと思います」


と褒め称える。なおこの日もダルビッシュ有投手のことは一切振れられなかった。


関連記事:大谷翔平の捻挫は「走りこみ不足」が原因? 張本勲氏の持論に異論続出

■大谷選手の話題になると…

次に話題は大谷翔平選手の打撃成績に。関口宏がフリップを見ながら「大谷君が調子悪い」と触れると、張本氏は「良くないのよ。昨日チラッと見たらバッティングが崩れてる」と指摘する。

関口が「どう崩れましたか?」と聞き返すと、

「いやあもう全体的に崩れてるからね、手直ししないと。そら10試合なかなか続かないんですよ。相手も打たさないと思って投げてくるから」


と語る。さらに、

「それをしっかりサポートして教えているコーチがいればいいんだけど、アメリカは言わないからね。全然言わないから」


と憤りを見せる。関口も「言わないの? なんのためのコーチなのよ」と指摘すると、張本氏は

「聞いたら言おうというコーチですから。それで結構な給料もらってね、本当に何やってるんだと思うぐらい」


と大谷翔平選手が所属するアナハイム・エンゼルスの打撃コーチを猛批判した。

■視聴者から反論相次ぐ

張本勲氏は大谷選手の打撃不振を「コーチが仕事をしていないせい」としたが、視聴者からは反論が相次いでいる。

大谷の打撃が具体的にどう崩れてるのかを張本氏には説明してほしいんだけどね。
エンジェルスのコーチが仕事してないという言葉をそのまま彼にお返ししたい。#サンデーモーニング

— RYU (@nmis0510) September 1, 2019

大谷.290なんてめちゃくちゃいい成績だろ。なぜ批判するのか。監督・コーチ経験が無い張本おじいさん

— あきお (@proro_ro) September 1, 2019

サンデーモーニング
張本:「大谷のバッティングは崩れている」
関口:「どこがくずれてますか?」
張本:「全体が崩れてる」

野球もダメじゃん?
なんか分からんけど、文句つけたいだけやん…

— モリモト (@kenpooh) September 1, 2019

自分はコーチも監督も未経験のくせに、逢うたこともないアメリカのコーチを想像だけでdisる張本 #tbs

— プリン一号@夏休み満喫ちう (@hirohiro8888) September 1, 2019


■野球理論は一定評価の張本氏

エンゼルスの打撃コーチについて、「仕事をしていない」「聞かれなくとも崩れていれば教えるべき」とした張本氏。決して間違いとは言えない理論だが、過去には過剰な指導で全く打てなくなった選手もいるだけに、賛否両論あるようだ。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の10〜60代の張本勲氏を知っている人1,185名に野球理論について聞いた調査では、60代の53.4%が「納得できる」と回答。大谷選手と同じ20代も45.5%が納得している。

エンゼルスの打撃コーチが本当に「仕事をしていない」のかは現状不明だが、張本氏の目には大谷翔平選手の打撃フォームが崩れているにもかかわらず、指摘し修正しない「怠慢コーチ」と映ったようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の張本勲氏を知っている人1,185名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)