15歳女子生徒に手を出した中学校の教諭 妊娠・出産させ懲役8年

15歳女子生徒に手を出した中学校の教諭 妊娠・出産させ懲役8年

15歳女子生徒に手を出した中学校の教諭 妊娠・出産させ懲役8年

(yattaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

中学校の30代の男性教師が、プライベートな時間を割いて個人的に勉強を教えてくれるようになり、自分のために作ったという曲を弾き語りで聴かせてくれた。頬を赤らめ感動する女子生徒。そのうち2人は…。


■女子中学生に教師が自ら接近

シンガポールの裁判所で先月30日、41歳の元中学校教師の被告人の男に懲役8年の実刑判決が言い渡され、身柄が刑務所へと送られた。

2015年8月、未成年者の教え子との交際は決して許されないものと知りながら、男はすでに恋愛感情を確認しあっていた女子生徒に肉体関係を迫り、一線を越えていた。

やがて彼女は妊娠・出産し、19歳の現在は子育てに追われている。2人の間にできた子は今年11月で満3歳になるという。


関連記事:教師に性行為をされた女子生徒が妊娠中絶 「世も末」「異常」と罵声飛び交う

■弾き語りでラブソングを贈る

2人が交際するに至ったきっかけは、個人授業と教師が彼女に捧げたラブソングだった。

中学1年から理科が得意ではなかった少女は、教師が提案してきた個人授業をありがたく受け止め、毎週土曜日の午前中に教師の自宅で補習を受けるように。女子生徒がもう1名一緒であるため、親も特に不信感を抱かなかったという。

そんな中で教師はある時、「君のために書いた」という曲を彼女に捧げながら気持ちを告白。少女も教師に心を奪われるようになり、2人だけで会うようになると関係はさらに親密に。2人の間には少なくとも10回の性行為があったことがわかっている。?

■破局後すぐに妊娠が発覚

少女は進学をきっかけに教師と破局したが、その後に妊娠16週であることが発覚した。彼女は教師に連絡を取ったうえで2016年11月に出産し、同時に警察にも2人の間に起きていたことを相談。男は2017年に教師を辞職している。

未成年少女に対する性的虐待・暴行ばかりか、学校の評判も著しく落としてしまったその男。

破局してシングルマザーとして頑張っている被害者女性は、法廷では「弄ばれていたと感じる」と訴えて男の無責任さや身勝手さを責めた。たが、男の口からはそのことに対する反省や謝罪の弁などは出なかったという。


■教師と真剣な恋に落ちた経験

30代後半の男性教師と女子中学生の恋愛。しらべぇ編集部は「学校教師との密かな恋愛経験」について、全国20代〜60代の男女1362名を対象に調査を実施した。その結果、20代女性で1割超えるなど、若い世代ほど「経験あり」の回答が多いことがわかった。

ただし深みにはまったカップルについては、その後に結婚しようと別れようと、何年経っても同窓会の鉄板ネタにされている。教師と生徒の恋愛は「甘酸っぱい想い」だけにとどめておくことも大切かもしれない。

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日 
対象:全国20代〜60代の男女1,362名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)