ギャルママ、長男へのプレゼントに「高すぎる」と批判DM その返答は…

ギャルママ、長男へのプレゼントに「高すぎる」と批判DM その返答は…

ギャルママ、長男へのプレゼントに「高すぎる」と批判DM その返答は…

(画像は日菜あこ公式Instagramのスクリーンショット)

なにをもって「高い」と感じるかは人それぞれであり、また家庭によって受け止め方は大きく異なるもの。

元カリスマギャルモデルで、現在は3児の育児のかたわら、心育児研究家として活動する日菜あこのブログが注目を集めている。


■プレゼントに「高すぎる」とDMが…

31日更新のブログで、1万4,000円するナイキのシューズを中3の長男にプレゼントしたことを明かした日菜。すると、読者から「あの靴高いですよね? 中学生には早くないですか?」とDM(ダイレクトメッセージ)が来たという。

お節介にも思える内容のDMのだが、これに対し日菜は「反論したいけど…うん。高すぎだよ〜!!笑」「私だって最近1万以上のもの買ってないのに…」と納得してしまったよう。


関連記事:中2息子の「個人面談の内容」に母は目を疑った… 「何やってんだよー!」

■奮発した理由は……

しかし、彼女によると奮発したのにはいくつかの理由があった模様。

ひとつは長男が陸上部ということ。部活において、シューズは日常的に使うものだけに、普段はそこまで気にしない子でもファッション性などを考えがち。日菜の長男もそうだったのか「カッコいいやつほしい! みんな履いてないやつがイイ!」と言ってきたという。

そしてもうひとつは、日菜が「息子のお願いには弱い」ということ。すぐ「買って」と言ってくる娘たちと違い、長男はあまり物を欲しがらない子で、それだけに「長男のお願いには甘くなっちゃう」そうだ。

そして、日菜は読者に対して「みなさん兄弟で差つけちゃうこととかありますか?」「私はやっぱなんだかんだ長男に甘いです」と綴ったのだった。

■「周りがとやかく言うことじゃない」

この問いかけに対し、多くの読者が反応。「周りがとやかく言うことじゃない」「その家庭がいいならいい」など、「高すぎる」と述べたDMに違和感を覚えた人は少なくないようだ。また、日菜と同様に「男の子には甘くなってしまう」というママたちも多い様子。

「夏期講習頑張って、いつもワガママ言わない息子さんに買ってあげたんですよね。周りがとやかく言うことじゃないと思います」


「他人がとやかく言う問題じゃないし、陸上部で靴選びは重要ですよね!」


「うちは下が男の子だけど甘いかな(笑) でもお姉ちゃんにももちろん同じように買ったりしてるし、息子だけに明らかに贔屓してたら問題かなと思うけど、それぞれの家庭のやり方でいいと思います」


「同感! わかるわぁー。私も娘も息子もおりますけど、息子に甘ーい!!」


■4割が自称「親バカ」

息子のお願いに「弱い」と綴った日菜。しかし、諸々の状況を踏まえると決して甘すぎるワケではなく、むしろ、「自分のほうが甘い」と感じる人も多いのではないか。

ちなみにしらべぇ編集部は、全国20〜60代の子供がいる男女685名を対象に調査を実施。その結果、全体の44.2%が「目に入れても痛くないほど子供を愛している」と回答。なお、男性45.1%、女性43.5%とやや男性に自称親バカが多いようだ。

シューズは運動部にとって、とても大事なもの。黄色い格好いいシューズで、頑張ってほしいものだ。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日
対象:全国20代〜60代の子供がいる男女685名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)