十両・貴ノ富士が付け人に暴力 「またか…」と呆れの声

十両・貴ノ富士が付け人に暴力 「またか…」と呆れの声

十両・貴ノ富士が付け人に暴力 「またか…」と呆れの声

(630ben/iStock/Thinkstock)

日本相撲協会は3日、西十両5枚目の貴ノ富士(千賀ノ浦部屋)が8日から始まる秋場所を休場することを発表した。


■付け人への暴力

貴ノ富士が付け人である序二段力士に暴力を振るったことが明らかになった。協会によると先月31日に稽古後、風呂場に付け人に暴行をしたという。

幸い目立った外傷はない様子だが、付け人が部屋に戻ってこなかったことから発覚したようだ。3日に貴ノ富士の師匠である千賀ノ浦親方が協会に申し出た。

師匠の判断によって、8日から行われる秋場所を休場することになった。コンプライアンス委員会による詳しい調査の後、正式な処分が発表される。


関連記事:梅沢富美男、暴行発覚の貴ノ岩を「情けねえ野郎」「引退したほうがいい」と激怒 納得の声多数

■貴ノ富士として再スタート

以前は貴公俊として活躍していた彼だったが、去年の3月に付け人を務めていた貴西龍序二段に対して暴行を加え、出場停止処分を受けた。

2018年10月1日に千賀ノ浦部屋へ移籍した彼は、2019年1月場所より貴ノ富士三造に改名。前師匠の元貴乃花親方が命名したこの名前で「前のしこ名で良いことも悪いこともあった。再スタートを切りたい」と話していた。

■「またか…」

以前も暴力沙汰で出場停止処分を受けた貴ノ富士が再び過ちを犯したことにネットでは「またか…」と呆れる声が続出している。

「貴ノ岩があの様な事になったのを分かっていながら2度目を起こしたから、今回は救済しようがないでしょうね」


「ニュースみて、落胆…2度目だし貴ノ岩の件もあったのに学習していないのかな…」


「この短期間の間に、しかも一度処分を受けた後に2回目とは…」


■暴力を振るう人の印象は…

TVやメディアで自分より弱い動物や子供に対して暴力の報道を見る機会も多い。自分より弱い人に対して苛立ってしまうことはあるかもしれないが、実際に暴力を振るう人の気持ちを理解することはできるだろうか?

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査を実施したところ、全体の65.8%が「動物や子供に暴力を振るう人の考えが理解できない」と回答した。

様々な人から期待され、復帰したにも関わらずまたも暴行によって休場となった貴ノ富士。如何に実力があれど、2度目の失態は許されないだろう。

(文/しらべぇ編集部・Aomi)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1,732名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)