体外受精で45歳女性が孫を出産 「だって息子は…」理由に世間は仰天

体外受精で45歳女性が孫を出産 「だって息子は…」理由に世間は仰天

体外受精で45歳女性が孫を出産 「だって息子は…」理由に世間は仰天

(Chinnapong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

倫理上の観点から、その是非について今なお熱い議論が交わされている「代理母出産」。海外では意外な理由でも承認されるようになっていることを、ご存じだろうか。


■45歳の女性が双子を出産

ブラジル・サンパウロのリベイラン・プレト医科大学付属病院で今月3日、教師だという45歳の女性が男女の双子を出産した。やや高齢ながら代理母としての出産だった。

双子は予定日より9日間早く誕生し、体重は男の子が2,041グラムで女の子が2,069グラム。双子としては十分な大きさだが、呼吸器に問題が見つかった男の子は、小児科病棟で観察が続けられている。


関連記事:代理母出産についてタイ人はどう考えてるのか? 現地からレポート

■「子育ては息子の夢」と母親

「24歳の息子に捧げるためにこの子たちを妊娠・出産しました」と話す女性。その理由に世間は驚いた。

「息子はゲイなので自分の子供を持つことが難しい。でも息子はとても優しい人間で、小さい子が大好きなのです。」


「なんとかして息子を親にし、子育てをさせてあげたいと思った私は、自分が代理母になると決意しました」


「息子の精子と若い匿名の女性ドナーに提供された卵子を用いて体外受精を試み、4回目で受精卵の着床に成功したのです」

■「ついに夢が叶った」と2人

この女性は4年ほど前、夫との間に赤ちゃんが誕生したものの、妊娠7ヶ月の早産で生後1週間にして天に召されていた。女性の「もう1度赤ちゃんを抱っこしたい」という夢は破れ、そのことに一家はひどく心を痛めていたという。

このほどついに子供の親になった息子、そしてかわいい孫を抱っこすることができた母親。笑顔の2人はメディアの取材に「夢が叶い、本当に幸せです」と語っている。

しかし、こうした理由での代理母出産に倫理上の問題はないのか。この事例はブラジル国内でもやはり物議を醸しているようだ。


■倫理違反と騒がれる事例も

海外では、子宮や卵巣摘出など母体に器質的な問題がある娘に代わり、高齢の母親が代理母を申し出て「孫」を出産する例がたびたび報じられている。

だがその逆の例もある。英国サマセット州で2016年5月に誕生したある男の子は、「娘が母親の代わりに」という意外な代理母出産だった。

47歳の未亡人が熱愛を経て再婚し、子供がほしくなった。だが彼女は病気により子宮を摘出しており、気の毒に思った30歳の娘が代理母として母親の子、そして自分にとっては弟となる赤ちゃんを出産した。前代未聞の倫理違反と騒がれたが、弁護士の見解は「合法」であった。

海外ではますます盛んになっている代理母出産。特に親族内でそれを行なう場合、「こんな理由でも承認されるのか」という印象が否めない事例も増えているようだ。

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

関連記事(外部サイト)