田村淳も「やめてほしい」 芸能人への突撃取材はやりすぎ?

田村淳も「やめてほしい」 芸能人への突撃取材はやりすぎ?

田村淳も「やめてほしい」 芸能人への突撃取材はやりすぎ?

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が5日にツイッターに投稿したのは、「マスコミが自宅にやってきて取材をしようとする」ことを「やめてほしい」というものだった。

淳が慶應義塾大学大学院の院生になっていたことについて聞こうと自宅に押し寄せてくるのだという。田村は「事務所を通してほしい」とつづっている。

そんな芸能人への突撃取材について、世間の目はどう向けられているのだろうか。


■世間の目は厳しめ

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の68.3%が「芸能人への突撃取材に『やりすぎ』だと感じる」と回答した。

マスコミへの世間の目が年々厳しくなってきており、芸能人への突撃取材も今の時代にはそぐわないのかもしれない。

なお、男女別では男性64.5%、女性72.0%と女性のほうが高い。好きなアイドルなどが突然取材されることを快く思わないのだろうか。


関連記事:田村淳がマスコミ取材陣に苦言 「酷すぎる」「これはマスゴミ」

■年代別では…

さらに、年代別に見ると、50・60代女性が8割近い。

自らが若い時、ファンだった芸能人が突撃取材され、失墜していったこともあったのかもしれない。


■賛否両論の声

ネット上でも突撃取材への印象は良いものとは言えないが、賛否両論の声が巻き起こっている。

「芸能人のプライベートを 隠し撮りして そのあと突撃取材して 給料貰う仕事だけは したくないわ笑」


「マスコミに追いかけられるのも芸能人の定めでありステータスだよ」


突撃取材をすることで、表にはなかなか出てこない情報が浮き彫りとなることから、そうした取材をするのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10〜60代の男女1,653名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)