佐藤藍子、千葉の自宅に倒木 台風の生々しい爪痕に「言葉が出ない」

佐藤藍子、千葉の自宅に倒木 台風の生々しい爪痕に「言葉が出ない」

佐藤藍子、千葉の自宅に倒木 台風の生々しい爪痕に「言葉が出ない」

女優の佐藤藍子(41)が、自身の公式ブログを更新。台風15号による影響で木が倒れた自宅の写真を公開し、深刻な被害状況を訴えた。


■一刻でも早い通電を願う

2007年に千葉県にある乗馬インストラクターと結婚した佐藤。現在は夫の実家が経営する乗馬クラブの近くに在住している。

そんな彼女が、アメブロ内の公式ブログに台風被害に関する投稿をしたのは、10日。「まだ、停電中です、、、」というタイトルの記事には、2階より高い大きな木が倒れている動画や写真がアップされ、

「こちら千葉県の北東部は、相変わらず停電中です携帯の電波もほぼつながらずブログの更新やチェックも出来る状態ではありません、、この蒸し暑い中、馬の為に近くの湧き水場に何往復も行ったりしている


スタッフ達、暑さが苦手な馬、犬、猫など、全ての生き物の為にも大変でしょうが 一刻でも早い通電を願います」


という文章が記されている。

(画像は佐藤藍子公式ブログのスクリーンショット)

関連記事:千葉県内、未だ約45万戸が停電 食料・物資も不足「生きた心地しない」

■コンビニやスーパーも休業中

さらに佐藤は、

「私の周りも、一部を除いてほぼ停電しているので近くのコンビニ、スーパーも休業していて開店している店舗に入っても、お弁当やお惣菜は売り切れ状態、、、」


と食材の手に入りにくい状況であることを公表。

「これからの日本、今までの常識では考えられない規模の自然災害が来るのを前提にライフラインなどの設備を対応していって欲しいです(既にしている状態でこうなったのなら、もう言葉が出ません)」


と、今後の災害対策についても言及している。

■大堀恵や市井紗耶香も

佐藤のみならず、千葉県出身のタレント・大堀恵(36)や市井紗耶香(35)もツイッター上で台風15号について発言。リアルな被害状況について言及している。

千葉の実家は停電が続き、信号がついていなかったり、電柱も倒れ、ガレキなども壊れているみたいです。相当な被害が出ているようです、どうかみなさん気を付けてくださいね。娘は幼稚園お休みになりました。

— 大堀めしべ (@ohori_megumi) September 9, 2019

東京は、
台風が過ぎて
東京だけが、
何もなかったかのようにニュースも
静かになるけど、本当はそうじゃない。

ここまで深刻な状況を把握するまでのタイムラグの間にも
本当の情報をもっと考え、伝え続ける必要があると思う。

これは政治的な発言ではなく、
一般論です。

忘れちゃいけない。

— 市井紗耶香 (@sayakaichii) September 10, 2019

過去にしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名を対象に「家に防災袋を準備してあるかに」ついての調査を実施。防災袋を準備していると答えたのは全体の26.1%と、4人に1人という結果になった。


■報道が少ないことにも言及

市井はツイッター上で、今回の台風についてのニュースが報道が少ないことに対しても発言している。千葉県の被害状況を伝える芸能人たちに対し、ネット上では、「声をあげることは大事」「ありがとう」といった反応が寄せられていた。

(文/しらべぇ編集部・星子)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)