石田ゆりこ「妹が南房総に」 石田ひかりが被災動物支援の必要性訴え

石田ゆりこ「妹が南房総に」 石田ひかりが被災動物支援の必要性訴え

石田ゆりこ「妹が南房総に」 石田ひかりが被災動物支援の必要性訴え

女優の石田ゆり子(49)が、自身の公式インスタグラムを更新。妹で女優の石田ひかり(47)が台風15号の被害を受けた千葉県南部に支援物資を届けたことに言及し、姉妹のSNSが注目を集めている。


■消防車の派遣を提案

11日に、千葉県南部の安房郡鋸南町に個人で支援物資を届けたことを報告した石田ひかり。石田ゆり子はそんな妹の行動を受けて、インスタグラムを更新。青空の写真をアップし、

「本日、うちの妹が南房総に支援物資をもって行ったそうでわたしも今更ながら今回の台風の被害の大きさにおののいている次第です。電力が途絶え陸の孤島になってしまっている南房総のみなさまこの熱波のなかどんなにか、大変なことでしょう。」


とコメント。さらに子供や高齢者などの熱中症対策についても綴り「わたし個人の希望を言えば消防車、たくさん派遣して地面を冷やしてあげてほしい。すこしでも涼を!!!」と提案している。

View this post on Instagram

本日、うちの妹が 南房総に支援物資をもって 行ったそうで わたしも今更ながら 今回の台風の被害の大きさに おののいている次第です。 電力が途絶え 陸の孤島になってしまっている 南房総のみなさま この熱波のなか どんなにか、大変なことでしょう。 完全復旧が明後日以降、と 聞きました。 この熱波、そして蓄積した疲れ。 お子さま ご高齢の皆さま 特に心配です。 やはり暑さが心配です 熱中症は危険です。 そして犬たち猫たち 動物たちのことも心配です わたし個人の希望を言えば 消防車、たくさん派遣して 地面を冷やしてあげてほしい。 すこしでも涼を!!! #千葉停電

A post shared by 石田ゆり子 (@yuriyuri1003) on Sep 11, 2019 at 7:47am PDT


関連記事:石田ゆり子の若い頃にそっくり? 石田姉妹絶賛の美少女・松風理咲とは

■必要とされる支援物資は?

いっぽう妹の石田ひかりは現地の写真とともに、

「以下、『わたしが考える』支援物資です。『鋸南小学校』が支援物資の窓口になっているようです パンチしたらすぐ冷える瞬間冷却剤 凍ったペットボトル


冷たいおしぼり クーラーボックスに板氷を詰めるだけ詰める体が拭けるくらいの大判のウエットタオル 涼を感じるミントのスプレー 冷却スプレー 栄養ゼリー 日持ちのする食べもの ゆで卵 トマトやきゅうりなど、手を汚さず食べられる野菜」


と、必要とされている支援物資の情報をシェアしている。

View this post on Instagram

追記 鋸南地区始め南房総、その他の停電している地区の暑さは、命の危険を感じるレベルでした もし、鋸南地区や南房総に支援物資を届けられる方がいらっしゃったら とにかく、とにかく冷たいものを お願いしたいです! 以下、 「わたしが考える」 支援物資です。 「鋸南小学校」が支援物資の窓口になっているようです パンチしたらすぐ冷える瞬間冷却剤 凍ったペットボトル 冷たいおしぼり クーラーボックスに板氷を詰めるだけ詰める 体が拭けるくらいの大判のウエットタオル 涼を感じるミントのスプレー 冷却スプレー 栄養ゼリー 日持ちのする食べもの ゆで卵 トマトやきゅうりなど、手を汚さず食べられる野菜 冷たいビール飲ませてあげたい?? とにかく、身体を冷やしてあげたいです 電車は止まっています 車は都内からアクアライン→富津館山道→鋸南保田など 上りは、鋸南保田は入れません。 国道127号線をしばらく行くと 富津竹岡インターがあり、そこで乗れます 看板倒れたりしていますので、運転危ないです トンネル真っ暗です ガソリンスタンド、コンビニ、全て営業していません 満タンにして出発してください! 信号は作動していませんので 運転くれぐれも気をつけて下さいね! 車の中で涼んでもらえたりするといいのですが! わたしは明日は撮影なので、いけないのです。 みなみなさま、ご無理なさらず。 張り切りすぎも、事故のもとです。 くれぐれも、冷静に。 #鋸南町 #南房総 #危険な暑さです

A post shared by 石田ひかり (@hikaringo0525) on Sep 11, 2019 at 4:26am PDT

■交通事情と動物レスキュー

さらに石田ひかりは現地の交通事情についても言及。

「電車は止まっています車は都内からアクアライン→富津館山道→鋸南保田など 上りは、鋸南保田は入れません。国道127号線をしばらく行くと富津竹岡インターがあり、そこで乗れます


看板倒れたりしていますので、運転危ないです トンネル真っ暗です ガソリンスタンド、コンビニ、全て営業していません 満タンにして出発してください! 信号は作動していませんので 運転くれぐれも気をつけて下さいね!」


と、注意事項を述べている。

さらに12日には、「千葉停電に際して動物たちのレスキューの必要性を感じています」と動物レスキューの必要性を訴え、「コメント欄に、いまの状況、体調、大きさ、頭数、差し支えない範囲での居場所、書き込んでください」と呼びかけている。

View this post on Instagram

千葉停電に際して 動物たちのレスキューの必要性を感じています コメント欄に、いまの状況、体調、大きさ、頭数、差し支えない範囲での居場所、書き込んでください ペットフードの有無、緊急性も! なにぶん人手にも限界があり 全てのワンコちゃん、ニャンコちゃんを レスキューしてあげられることは難しいことも、ご承知おきくださいませ ごめんなさいね??? でも、お預かりに手を上げてくれている仲間がたくさんいることも確かです! みなさんここを、情報交換の場にしてください! 近くで電気が通ったところの方が 預かってくださったり 情報を共有して、 みんなで助け合って、この災害を乗り越えましょう?? #わんにゃんレスキュー #千葉停電

A post shared by 石田ひかり (@hikaringo0525) on Sep 11, 2019 at 7:16pm PDT


■現地からのリアルな声

実際に現地に赴き支援物資を届けた石田ひかりのインスタグラムは、今後ボランティアに訪れる人々にとって有益な情報が掲載されている。インスタグラムのコメント欄には、そんな彼女に対するねぎらいや称賛の声が続々と書き込まれている。

(文/しらべぇ編集部・星子)

関連記事(外部サイト)