若者はテレビから離れていない? テレビを観るのが好きな人の割合が意外

若者はテレビから離れていない? テレビを観るのが好きな人の割合が意外

若者はテレビから離れていない? テレビを観るのが好きな人の割合が意外

(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若い世代を中心に、テレビを観ない人が増えていると言われている。しかしSNSのトレンドでは、テレビ番組に関連するキーワードが頻繁に登場しているのも事実だ。


■テレビ好きは7割近くも

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「テレビの視聴について」の調査を実施。

「テレビを観るのが好きだ」と答えた人は、全体で66.7%と高い割合になっている。


関連記事:最近のテレビはつまらない? ターゲットのはずのあの人たちからも…

■若者はテレビから離れていない

性年代別では、10代女性が一番多くなっている。

「若者のテレビ離れ」と言われているが、今回の結果ではそうでもないことがわかる。

「学校でも、前日観たテレビの話をよくする。私も親と一緒にいると自然にテレビを一緒に見ているし、それを観ながらいろいろと話す時間も楽しい。家にテレビがないのは、ちょっと寂しいかな」(10代・女性)


■若者と高齢者では意識差が

今回の調査では、年代で大きな差は見られなかった。しかし若者と高齢者では、テレビに対する感覚が違うとの意見も。

「若い子たちはきっと、『他のこともして、テレビも観る』って感覚なんじゃないのかな? スマホとか、いろいろとやることがあるだろうし。


私たちが若い頃には、とにかくテレビを観るしかなかった。家にいるときには、ずっとつけていたんじゃないかな? そう思うと、娯楽はものすごく増えたと思う」(40代・女性)


■家にテレビがなくても大丈夫

家にテレビがない人も、一人暮らしを中心に増えている。

「一人暮らしをするようになってから、ずっと家にテレビがない。最初はしばらくの間だけのつもりだったけど、別にテレビがなくてもやっていけると思うようになって。


ニュースはスマホで観るし動画ならYouTubeがあるから、テレビがないからといって不自由だとは感じていない」(20代・男性)


「テレビ離れ」と言われているが、まだまだテレビは強いコンテンツに違いないようだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の男女1,653名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)