自民・宮川典子衆院議員が死去 熱く語ったPMS・教育改革への思い

自民・宮川典子衆院議員が死去 熱く語ったPMS・教育改革への思い

自民・宮川典子衆院議員が死去 熱く語ったPMS・教育改革への思い

自民党衆議院議員だった宮川典子さんが、12日夜、東京都内の病院で乳がんのため死去した。40歳だった。宮川さんは、山梨県山梨市の出身。2010年の参院選(山梨選挙区)で惜敗した後、衆院に鞍替えして比例南関東ブロックで当選3回。

母校の英語教師だった知見を活かして、文部科学大臣政務官も務めていた。


■教師から政治の道へ

宮川さんは、祖父が教育長、母や弟、従兄弟も教師を務める教育一家。慶應義塾大学文学部で教職課程を履修し、母校である山梨学院大学付属中学高等学校で、5年間英語教師を務めた。

昨年行ったしらべぇの単独インタビューで、宮川さんは子供の頃に絶対になりたくなかった職業として「教師と政治家」を挙げていた。小学生の頃、組合がらみで政治活動をしていた教師からいじめを受けたことがトラウマだったという。

しかし、在職中に2人の生徒の自殺を経験したことで、「子供が希望を持てない社会ではダメだ」と考えて教師を退職。松下政経塾に入塾し、政治の道に進むことになる。


関連記事:「月経関連疾患をライフワークに」 教育制度改革に挑む宮川典子政務官に聞く

■「保守は体制を守ることではない」

筆者は、編集長として直接宮川さんの話を聞いた。その中でも最も印象に残っている言葉は、「保守」という政治姿勢への考え方だった。

「私は自民党の議員ですが、保守とは『体制を守ること』だとは考えていません。守るべきものは守り、変えるべきものは勇気をもって変えていく。それが真の保守だと考えています」


文科政務官という、まさに教育行政の中核に在職していた当時にもかかわらず、「本当に6-3-3-4制を守らないといけないのか、私の中ではずっと疑問です」「『◯歳で学校を卒業したか』などというものは、人の能力を図る尺度として信用に値しません。これは、生徒たちが彼らの生き方で実証してくれたことです」など、進歩的な見解を述べたことについて質問した回答が、上記の言葉だった。

■PMSをライフワークに

また宮川さんは、月経関連疾患(PMS)を政治家としてのライフワークにしていた。街頭演説でも月経のことについて語っていたところ、女子高生からおばあさんまで足を止めて話を聞いてくれたことを嬉しそうに語り、

「声なき声というのは、こういうところにあるんだな、と。今まで光が当たっていなかったところに光を当てることが、政治の役割だと痛切に感じました」


と話していた姿が忘れられない。


■「典ちゃん」と呼ばれ

山梨県から国政に挑戦した女性は、宮川さんが初めてだった。教鞭をとったのが自らの母校ということもあり、生徒たちは「生徒であると同時に後輩」という立場。

「『宮川先生』じゃなくて『典子先輩』『典ちゃん』と呼ばれる距離感が続いているのは、地元で教師をやっていた強みでしょうね」と、地元や子供たちに密着する姿勢を貫いていた。

教育改革も道半ばに病魔に倒れた宮川さん。冥福を祈りたい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

関連記事(外部サイト)