浜崎あゆみ、モノクロ写真の投稿文にファン騒然 「悲しい…」

浜崎あゆみ、モノクロ写真の投稿文にファン騒然 「悲しい…」

浜崎あゆみ、モノクロ写真の投稿文にファン騒然 「悲しい…」

歌手の浜崎あゆみ(40)が、今月13日に自身のインスタグラムを更新。モノクロの自撮り写真に添えられたコメントが、切なすぎると話題になっている。


■上げた状態をキープすることは難しい

胸元がざっくりと開いた服を着て、ベッドに寝転ぶ写真をアップした浜崎。無防備な色っぽさに惹きつけられるのと同時に、改めて彼女の端正な美貌を再確認できる1枚だ。

浜崎は、こちらの投稿に「下がったものを上げるのは思うよりも簡単だ。もう下がないわけで、上がるしかないから」「難しいのは、精一杯力を尽くして上がりきったものを上げた状態のままキープすること」「なんかそんな事を改めてヒシヒシと肌で感じた」と、コメントを記している。

View this post on Instagram

下がったものを上げるのは思うよりも簡単だ。もう下がないわけで、上がるしかないから。 難しいのは、精一杯力を尽くして上がりきったものを上げた状態のままキープすること。 なんかそんな事を改めてヒシヒシと肌で感じた。

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on Sep 13, 2019 at 2:12am PDT


関連記事:浜崎あゆみ、平成で最も歌われた歌手1位に 現在と比較して「本当に気の毒」の声も

■「全盛期」と比較される苦しさ?

こちらの投稿について、インターネット上では彼女の美貌やモノクロームの写真への反響が相次ぐ中、投稿文については複雑な感想をつぶやくファンも見られる。

「インスタのあゆ絵じゃん、もはや…絵だよ…かわいすぎ」


「あゆのモノクロインスタグラム見た。こういう、派手さがない、素の感じがするあゆがとくに好きだ。あゆ自身の魅力をそのまま感じられるから。悩みながらもひたむきに生きてることから紡ぎ出される言葉も」


「あゆのインスタの文章、1度トップに立った人ならではだと思うし、その全盛期と一生比べられて一時期太っていた事を叩かれて続けてしまうのかと思うと悲しい。そして相変わらずかわいい」


常に「全盛期」と比較されることの苦しさを感じているのでは…と、胸を痛めたファンも。


■現在も多くの若者から支持

「全盛期との比較」に苦しんでいるのではないかという声も上がった今回の投稿。しかし、しらべぇ編集部が全国の10代〜60代の男女1,755名を対象に実施した調査では、今も若い世代の人々から多くの支持を集めていることが分かった。

日本の音楽史に多大な影響を与え、一時代を築いた偉大なアーティスト。トップに上り詰めた人にしか見えない景色や苦しみがあるのだろう。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1755名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)