バレリーナが泥酔し大暴れ 警官の股間を思い切り蹴り上げ逮捕

バレリーナが泥酔し大暴れ 警官の股間を思い切り蹴り上げ逮捕

バレリーナが泥酔し大暴れ 警官の股間を思い切り蹴り上げ逮捕

(Milkos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ステージで美しく舞うバレリーナは、体がとにかく柔らかい。その柔軟性を生かして脚を振り上げたあるバレリーナが、警官の股間を蹴り上げるなどして逮捕された。このとき泥酔していたバレリーナは、なんと凶器も所持していたことが判明している。


■泥酔したバレリーナ

英国の空港内で酒を飲んだバレリーナ(33)が、母国スペイン行の飛行機に乗る予定だったにも関わらず泥酔。

「申し訳ありませんがこのような状態ではご搭乗いただけません」と飛行機に乗ることを拒否され、酔った勢いもあって暴れ始めた。大慌てで警官が現場に駆け付けたが、女は反省し落ち着くどころか「どんどん苛立ちを募らせた」という。


関連記事:「隣人に襲われた!」 血みどろの女が通報も意外な事実が判明

■股間に強烈キックを炸裂

その際にパスポートの提示を求められるも見つからず、女は血相を変えて怒り始めたとのこと。

苛立ちがマックスに達するなり女は警官に襲い掛かり、女を警察車両に乗せようとした警官の股間と睾丸を狙い力任せに蹴り上げたという。さらには別の警官にかみつこうとしたほか、血が出るほど強く顔を引っ掻き攻撃を加えたことも判明している。

■ナイフの所持も発覚

この女をどうにか取り押さえた警官らが女の所持品を確認すると、なんと女がナイフを所持していたことも判明。しかし本人は「ナイフを持っていることすら忘れていました」と話しており、幸いにもナイフで警官らに切りつけることはなかった。

その後この件につき審議された女はむせび泣き反省した様子を見せ、酔った末に暴れたことを素直に認めている。


■ホームレスだったという女

ちなみに女が母国に帰る必要があったのは、ロンドンで暮らす場所を失くし、事実上「ホームレス」になっていたからだと一部メディアは伝えている。

それでも酔った末に警官らに暴行を加えた容疑を重くみた当局は女に罰金の支払いを命じ、現時点では保釈も許可していない。

華麗な開脚などで観客を魅了するバレリーナだが、この事件では体の柔らかさを生かし長い脚で急所をキック。警官がどれほどのダメージを受けたのかについては報じられていないが、重傷でなかったことを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)