紗栄子、千葉県の動物園に救援活動 種を超えたメッセージが話題に

紗栄子、千葉県の動物園に救援活動 種を超えたメッセージが話題に

紗栄子、千葉県の動物園に救援活動 種を超えたメッセージが話題に

当初の想定を覆し、地域によっては今月末近くまで復旧が長引いている千葉県の停電問題。数多くの支援活動が行われている中、モデル・紗栄子の行動が多方面から評価を集めている。


■困っているのは人間だけでなく…

紗栄子は17日に自身のインスタグラムを更新。千葉県にある動物園『市原ぞうの国』に、救援活動を行なっていることを明らかにした。

水や電気がなくなると困るのは人間だけでなく、動物たちも同様。紗栄子の投稿によると動物園には13頭の象が飼育されており、1頭につき1日80キロ以上の餌を必要とするという。

お腹を空かせた象たちを見兼ねた紗栄子は、すぐさま救援物資を手配。過去の被災地支援の際に培ったネットワークを活かし、たくさんのリンゴや人参を配送している。

動物園は非常時を脱し、紗栄子の投稿には「本日より通常営業が再開しているみたいです!」という喜びの声が綴られていた。

View this post on Instagram

千葉の被害の深刻さを知った日、スタッフみんなでSNSにて情報を集めていたら、マネージャーの藤田ちゃんがSOSを発見した「市原ぞうの国」。 千葉の被災地に入って2日目の13日に、こちらにも立ち寄らせていただき救援物資をお届けしました。 お話を伺うと、前日に発電機を持ってきてくださったかたがいらっしゃったようで、お水は汲み上げることができるようになったみたいなのですが、ここには13頭の像さんが象使いさん達と一緒に暮らしており、像さんは1日1頭で80キロの果物やお野菜を食べるみたいで、この日伺った際にはみんなお腹を空かせて過ごしておりました。 すぐに、宮崎の口蹄疫や熊本地震の際にお手伝いをしてくださったベジオベジコというお野菜を取り扱う会社の方などに連絡をさせていただき、そこからの広がりで農家さんや市場のかたがたくさんのリンゴや人参を届けてくださいました。 そして私のスタッフインスタでもお知らせさせていただいていたので、それをみた沢山のかたが食料をお届けしてくださったみたいで、皆様のご支援ご協力により、象さん始め、園内の動物たちもこの非常事態を乗り越えることができ、本日より通常営業で再開しているみたいです!! ぞうさんショーも始まったみたいで、像さんが書いた「ガンバレ、ガンバル」のメッセージが園のかたから送られてきました!! 皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。 9:00〜17:00 (最終入園時間 16:00) ※天候や諸事情により、営業時間の変更や休園となる場合があります。 #千葉#prayforchiba @ichihara.zounokuni @vegeovegeco_shibuya @vegenezu @vegery_official

A post shared by SAEKO? (@saekoofficial) on Sep 16, 2019 at 10:19pm PDT


関連記事:紗栄子、支援物資を持って千葉へ ”気配りあふれる投稿”に注目集まる

■感動の声が続出

紗栄子の投稿には動物園の象と一緒に写ったショットのほか、「ガンバレ」「ガンバル」と書かれたプラカードを持った象の姿が。人間と象という種を超えた繋がりを見て、ネット上では…

「紗栄子さんの行動力には本当に驚かされます」


「象さんたちも紗栄子さんが優しい人だって分かってるんだろうな。素敵な写真ですね!」


「紗栄子さんの活動を聞いていると『私にも何かできるかも』という意識が生まれてきます」


「被害を受けたのは人間だけではないんだな…。よく勉強になった」


といった称賛の声が多数上がっている。


■数々の救援活動

これまでも、千葉県に様々な救援活動を行なってきた紗栄子。台風被害が未だ収束していないため、今も活発な救援活動を行なっているようだ。

インスタグラムには救援の様子や物資を送る際の注意点が事細かく書かれており、「被災者目線で見ても、紗栄子さんがよく勉強していることが分かります」といった感謝の言葉が多数寄せられている。

View this post on Instagram

昨日、山武市、八街市へ物資を届けてくれたお友達がリサーチしてくれた情報を共有致します! ↓ 屋根の修繕などの専門職の方の人手がとても足りていないようです。 【専門職の人手不足】 ・屋根の修繕 ・チェーンソーを使っての倒木の除去作業 ・ブルーシートの屋根貼りも、シートは集まっているのですが、職人さんの手を必要としております。 山あいの木々が崩れているとの情報もあり、帰りは下道を通って帰ってきたみたいなのですが、土砂崩れや木々が倒れている箇所があり、通行止めをして整備されていたようです。 かなり遠回りしたこと、土砂崩れの危険性がありそうだったので、途中から高速に乗ることにしましたとおっしゃっておりました。 土砂崩れの対応はプロの方にお任せになりそうでしたが、土砂崩れの危険性のない地域の木々の撤去に、チェーンソーを使える方を公募されていました。 明日は、私たちのチームが南房総市と館山市に物資をお届けにあがります。

A post shared by SAEKO? (@saekoofficial) on Sep 16, 2019 at 7:12am PDT

行動することの大切さを教えてくれた紗栄子。1日でも早く千葉県が復興することを祈りたい。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

関連記事(外部サイト)