94歳のおばあちゃんがタトゥー初挑戦 「次は孔雀のデザインがいい」

94歳のおばあちゃんがタトゥー初挑戦 「次は孔雀のデザインがいい」

94歳のおばあちゃんがタトゥー初挑戦 「次は孔雀のデザインがいい」

(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今や、タトゥーを体に彫り入れるのは若者やワイルドな中年だけではないようだ。このほど超高齢にしてタトゥーを彫り入れた老婆が話題を集め、「今後も引き続きタトゥーを彫りたいと思っているのよ」とも語り多くの人々を驚かせている。


■おばあちゃんの夢

英国で暮らす現在94歳の女性が、老人ホームの介護士に「あるお願い」をしたという。

それは「タトゥーパーラーに行きたいので予約を入れてほしい」というもので、「生きているあいだにどうしてもタトゥーを入れたい」という女性のリクエストに応じた介護士が、パーラーに連絡したのだという。


関連記事:長瀬智也(40)に新たなタトゥーか 未だに残る「浜崎あゆみの影響」に騒然

■生まれて初めての経験

この日「実は休みの日だったんです」というパーラーのオーナーは、「94歳のご婦人にタトゥーを彫るチャンスなんて稀ですからね」と特別に出勤。女性の希望にこたえ、ハートに囲まれたE、そして同じくハートに囲まれたDというアルファベットを並べて手首に彫り込んだ。

「ちっとも痛くなかった」「このタトゥーアーティストは優秀だわ、大満足よ」という女性は、なぜこのアルファベットを彫り入れてもらったのか?

■女性がタトゥーを望んだ理由

「実は、夫の誕生日が近いの」「本当に良い人だった」と亡き夫につき明かした女性は、夫の名前がErnest(アーネスト)であると告白。Dは息子の名前David(デヴィッド)のイニシャルだというが、そちらにも先立たれたという。

また昔からタトゥーに憧れていたという女性のため、タトゥーアーティストはお金も請求せず「僕に任せてください」。女性は彫りあがったタトゥーをとても気に入り、「毎日ながめて、夫と息子のことを想っています」とも語っている。


■「次は違うデザインも…」

この日につきタトゥーアーティストがSNSに書き込んだところ、大反響があったとのこと。女性もすっかりタトゥーの魅力にはまり、「今度は蝶、それに孔雀のタトゥーも入れたいわ」と希望を語っている。

痛がる様子もなく施術の様子を眺め、今は家族との楽しい日々を回顧しながらイニシャルを眺めているというこの女性。「タトゥー=ワイルド」というイメージが今もなお強いが、女性のタトゥーは愛がたっぷりこもったロマンチックなものに仕上がったようだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)