メンタリストDaiGo、テレビ局に脅された過去 「赤坂歩けなくしちゃうぞ」

メンタリストDaiGo、テレビ局に脅された過去 「赤坂歩けなくしちゃうぞ」

メンタリストDaiGo、テレビ局に脅された過去 「赤坂歩けなくしちゃうぞ」

18日に更新されたキングコング・梶原雄太のYouTubeチャンネルに、メンタリストのDaiGoが出演。テレビ局から出禁にされた過去を話した。


■「出禁にするぞ」と脅された過去

DaiGoといえば、自身のニコニコ動画チャンネルの会員数が10万人を超える「人気生主」だ。最近ではYouTubeでの動画を取り上げられることも増えているが、梶原から「テレビのオファーもえげつなくないですか?」と聞かれると、「最近『ダウンタウンDX』断りました」とあっさり告白。「ずっと楽しみにしてたレストランの予約があった」とのことで、テレビは「もう卒業しました」と語る。

テレビを主軸しない理由について、「テレビの人とか中には一部上から目線の人もいたり」とし、テレビ朝日から出禁になったことを告白する流れに。

過去にテレビ朝日の番組に出演した際、DaiGoの意図とは違う編集をされてしまったようで、「これはデメリットしかないから、本当に言いたかったことを書いたら『お前、出禁にするぞ』って脅された」と明かす。


関連記事:DaiGo、“8年間のいじめ”を終わらせた出来事 ファンも衝撃「鳥肌立った…」

■「赤坂歩けなくしちゃうぞ」

そこで、DaiGoがテレビで活躍していたときのテレビ朝日の出演比率は6%にも満たなかったことから「どうぞ出禁にしてください」と言ったところ、本当に出禁になったという。

「そんなん話しちゃっていいんですか?」と驚く梶原に、DaiGoは「あとTBSもありますね。TBSのあるプロデューサーにはですね、『お前、赤坂歩けなくしちゃうぞ』って…」とさらに暴露。梶原から「いやーあかんあかん。もう止まってDaiGoさん!」とツッコまれる。

また、梶原がコラボとして出演したDaiGoのYouTubeチャンネルでも、DaiGoは「あの人が交通事故で亡くなったら僕はパーティをしようと思ってますから」と話して梶原をヒヤヒヤとさせていた。

■歯に衣着せぬ発言に称賛の声

しらべぇでも既報のとおり、京都アニメーション放火殺人事件に関する、マスメディアの報道姿勢について怒りをあらわにしたDaiGo。その件について『サンデージャポン』(TBS系)でコメントを求められてVTR出演をする流れになった際には、「上の人」から圧力をかけられて出演がなくなったことを明かしていた。

そういったテレビ業界の裏事情を歯に衣着せぬ発言で暴露していく姿に、ユーザーからは「なんでも言っちゃうDaiGoさんありがたいです!」「DaiGoさんの生き方かっこいい」と称賛の声が寄せられている。


■出禁になった経験は…

テレビ局を出禁にされたDaiGoだが、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,376名に「出禁になった経験」について調査したところ、4.9%が「お店やイベントを出入り禁止になったことがある」と回答している。ごくわずかではあるものの、何らかの理由で出禁になったことがある人はいるようだ。

DaiGoがテレビ局を出禁になっても、本業である執筆活動やニコ生配信にはまったく影響がない。テレビを卒業したからこそ言える発言に、梶原の心にも突き刺さったものがあったようだ。

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20代〜60代の男女1,376名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)