ラグビーNZ代表・オールブラックス 「ハカで先祖・チームと繋がる」

ラグビーNZ代表・オールブラックス 「ハカで先祖・チームと繋がる」

ラグビーNZ代表・オールブラックス 「ハカで先祖・チームと繋がる」

20日東京・銀座にて「ニュージーランド航空主催 オールブラックス交流イベント」が開かれ、ニュージーランドラグビー代表のアントン・リナート−ブラウン選手、マット・トッド選手、サム・ホワイトロック選手、そしてニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーン氏が登場。

日本の高校生・大学生たちと質問やクイズなどで交流した。


■我々のヒーロー

ラグビーワールドカップ2019で大会3連覇と4度目の優勝を目指す、世界最強チーム・ニュージーランド代表「オールブラックス」。

(左からサム・ホワイトロック選手、マット・トッド選手、アントン・リナート−ブラウン選手、ジャシンダ・アーダーン首相)

アーダーン首相が「彼らは我々のヒーロー。横に吸われるだけで嬉しい」と話す通り、ニュージーランド人にとってラグビーは大切なものだ。

誇るべき存在である代表の3人は、ラグビーへの愛を「ラグビーを通じてたくさんの友人ができるし、チームプレイを通して目標を達成することが楽しい。いろいろなことにチャレンジできて嬉しい」と表現する。


関連記事:ラグビー・ニュージーランド代表が「東京で暴れ回る」動画に好評の声

■挫折したら…

チャレンジを続ける中で、失敗や挫折をした時にどう克服しているのかと学生から問われたアントン選手は、「人生も試合も、挫折はたくさんある。だけどネガティブに捉えず成長するチャンス。いろんな挫折失敗あったが、それがあったから今の自分がいる」と力説。

マット選手も「自分が大変な時に、アドバイスや自分がどう見えるのかを聞ける相手がいるかどうかが大事」とアドバイスする。

そしてサム選手は「我々選手に特化したものかもだが…」と前置きしつつ、「メディアが言うことに耳を傾けないこと」といい、笑いを誘う。

■オールブラックスにとっての「ハカ」

オールブラックスといえば、試合開始前の「ハカ」(マオリ族の民族舞踊)が有名だ。100年以上続く特別な儀式であり、「先祖、そしてチームと繋がる」意味があるそう。

サム選手は「オールブラックスの選手としてできることが嬉しい。国のためにやる儀式であり、国の皆さんにとっても特別なもの」と説明する。


■試合に出るのが楽しみ

強さ、パフォーマンス、すべてが今大会で注目のオールブラックス。

「温泉もラーメンも大好きだし、美しいゴルフ場でプレイするのも楽しみ。日本には楽しみがいっぱい」と笑うアントン選手は、「常に緊張感をもって、ワクワクしている。ワールドカップはラグビーで最大のイベント。試合に出るのが楽しみで待ちきれない」と声を弾ませた。

21日に行なわれるオールブラックスの初戦の対戦相手は、強豪の南アフリカ。どんなハカ、そして試合を見せてくれるのか楽しみにしたい。

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

関連記事(外部サイト)