通勤や通学ではいつも同じ道を使う? 時間のない朝は最短ルート派も

通勤や通学ではいつも同じ道を使う? 時間のない朝は最短ルート派も

通勤や通学ではいつも同じ道を使う? 時間のない朝は最短ルート派も

(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

通勤や通学で歩く道は、どうしても同じルートになってしまう。たまには気分転換にと、あえて違う道のりを選ぶ人もいるかも。


■6割以上がいつも同じ道

しらべぇ編集部では全国10〜60代の会社員・公務員・学生の男女724名を対象に、「通勤・通学について」の調査を実施。

「通勤や通学ではいつも同じ道を使う」と答えた人は、全体で63.7%と高い割合になっている。


関連記事:「地図が読めない女」は本当? 方向音痴を自覚する人の割合は…

■女性は同じ道を使う

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的だ。

防犯対策のために、できるだけ人通りのある道を選んでいる人も。

「帰りが遅くなるときがあるので、できるだけ人気のあるところや明るいところを通るようにしている。その道が『通勤で使う道』と決まっているので、体が自然にそちらに向かう」(20代・女性)

■ときどき変化を楽しむために

ときどき別の道を使う人は、変化を楽しんでいるようだ。

「仕事自体が同じことの繰り返しに等しいので、せめて通勤のときくらいは変化をつけたい。駅まで向かうルートを変えるだけで、ちょっとは気分も変わる気がする」(30代・男性)


電車のルートを、変える人までいる。

「会社の最寄り駅までのルートがいくつかあるので、たまに別のルートで行く。電車の窓から見える景色が少し違うだけでも、気分が変わるかなと思って」(20代・男性)


■朝は時間がないので

時間のない朝は、変化を楽しむ余裕がないという人も。

「とにかく朝は時間がないので、1分でも早い道を使う。景色を見る余裕なんてないから、『変化を楽しむ』なんて気持ちがわからない」(30代・女性)


また地方だと、別のルートが選べるような環境にないという。

「うちはとにかく田舎なので、別の道がない。電車なんてなおさらだから、他の選択のできる都会に住んでいる人がうらやましい」(40代・男性)


朝が難しいのならば、帰宅時に試してみるのもいいだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代会社員・公務員・学生の男女724名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)