やんわり諭した年下社員が… 「まさかの一言」に先輩社員は絶句

やんわり諭した年下社員が… 「まさかの一言」に先輩社員は絶句

やんわり諭した年下社員が… 「まさかの一言」に先輩社員は絶句

(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どんな職場にも1人はいると思われる存在の「お局」。中にはそう呼ばれるのを恐れ、部下や後輩のケアをしっかり行う女性社員も多いようだ。


■精一杯気を遣ったのに…

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、部下や後輩から「お局」と呼ばれた経験のある女性たちが体験談を寄せ合っている。「お局扱いされたら嫌だな」という思いからトピック主は後輩社員に優しく指導していたが、ときには相手に注意しなければならないのが社会人。

指導の際にやんわりとした口調を心がけていたものの、その後でしっかり「お局じゃん」と陰口を言われてしまったようだ。


関連記事:お局社員に「ストリートビューで自宅を検索」された女性 衝撃体験に悲鳴相次ぐ

■揶揄しているだけ?

言われたくなかった称号をつけられ、気落ちしているトピック主。しかし「お局」は単に年上の先輩社員の愚痴を言うときに使われるだけのケースも多いようで…

「そこまで気にしなくて良いと思うよ。若い子たちって、ただお局って言いたいだけなパターンもあるし」


「仕事上、適切で正しい注意をしてるなら、向こうの逆恨みじゃないかな」


「上の世代はやたらと『ゆとり世代』って言いたがるけど、それと同じで先輩をお局って言いたくなる年頃なんじゃない?」


といった声が多数上がっていた。


■職場にお局ポジションはいる?

オフィスを舞台にした漫画やドラマなどでは、高確率でお目にかけるお局キャラ。果たして現実世界でも存在するのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の会社員男女478名を対象に調査を行なった結果、「職場に逆らえないお局がいる」と回答したのは全体の23%と判明。数は少ないながらも、お局ポジションの社員は存在するようだ。

言われるとショックな言葉はいくつも存在するが、言った本人は深い意味を込めていないケースもチラホラ。あまり気にしすぎないほうが良いのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20〜60代の会社員男女478名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)