『サンモニ』小泉環境相や台風対応を批判 視聴者は取材姿勢に辛口評価

『サンモニ』小泉環境相や台風対応を批判 視聴者は取材姿勢に辛口評価

『サンモニ』小泉環境相や台風対応を批判 視聴者は取材姿勢に辛口評価

22日のTBS系『サンデーモーニング』。ネット上では、相変わらず安定の政権批判かという声があがった。コメンテーターに対しても、厳しい声がでている。


■小泉環境相を批判

番組前半で、福島原発の処理水問題を取り上げた。原田前環境相の海洋放出発言に対して小泉環境相が、「所管は環境省ではありません。福島のみなさんをこれ以上傷つけないように議論を進めないといけない」と述べたと紹介。

また、地元記者に汚染度問題の具体策を問われた際に、

「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」


と発言。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

■橋下徹氏もコメント

この一連の小泉環境相の発言に対して、橋下徹氏がツイッター上で、

大阪で震災がれきを受け入れたとき、府市の職員とともに、環境省の職員も頑張ってくれた。これまでのようなポエムは大臣にはいらない。優秀な環境省職員を動かし、経産省、自治体と連携しながら、汚染処理水問題を解決に導くべきだ。それが真の福島復興の第一歩だ。ポエムではなく実行力!

— 橋下徹 (@hashimoto_lo) September 17, 2019

「小泉さんは所管外と逃げてはいけない。ポエムは大臣にはいらない」などと投稿したことを紹介。その上で、司会の関口宏氏は、小泉氏の発言に対して、

「いやいやそういうことを聞いているんじゃないですよ。『どうなさるおつもりですか?』って答えていただきたかった」


とコメントした。

■台風対応で県や国を批判

また、最後のコーナー「風をよむ〜台風15号の教訓〜」では、ジャーナリストの青木理氏が、

「なんでこんなに把握が遅れたのか。しかも首都圏で1時間ちょっとで行ける場所なのに、取材するのが出遅れた。マスメディアが全体を把握するには、県とか国からの情報がないと…」


と発言した。


■ジャーナリストとしての姿勢に批判も

青木氏の発言に対して、ジャーナリストなのに、なぜ行かなかったのかという声も。

「1時間の場所だったら、ジャーナリストのあなたが行くべきだった」


「他人の批判が好きな者は、自分への批判は受け入れないものだ」


「こんな反省でもない言い訳するのは、子供でもやらないだろう」


「何かあると日本の自治体や政府を批判する事しかできないサンデーモーニング」


「安定の政権批判」で、日曜の朝から不愉快になったという感想もあがっていた。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事(外部サイト)