左派だけでなく右派の支持も 「れいわ新選組」躍進の理由と今後の展望

左派だけでなく右派の支持も 「れいわ新選組」躍進の理由と今後の展望

左派だけでなく右派の支持も 「れいわ新選組」躍進の理由と今後の展望

7月に行われた参院選で2議席を獲得した、れいわ新選組。亜細亜大学講師にて「国体文化」編集長、「里見日本文化学研究所」所長の金子宗徳氏にその躍進の理由と、同党が今後どういう道を進んでいくかを解説してもらった。


■負け組の怒りが爆発

―――今回の参院選では、れいわ新選組とNHKから国民を守る党(N国党)が躍進しました。まず、れいわ新選組は寄付金4億円以上集めて選挙に臨みましたね。躍進したその要因・背景は何だと思いますか?

金子:端的に言えば、「『負け組』の怒り」でしょう。れいわ新選組は、「ロスジェネを含む、全ての人々の暮らしを底上げします!」というスローガンを掲げ、「最低賃金の時給1500円への引き上げ」・「デフレ脱却給付金」といった左派的な経済的弱者救済策を示しました。


その実現可能性はともかく、経済的な不安を抱えている人々にとっては魅力的な主張です。「一億総中流」と言われたのも今は昔、日本社会の経済格差は拡大しつつあります。


今や、約1000万人強が年収200万円以下のワーキングプアです。年収200万円ということは手取りにして月15万円。それでも大変でしょうが、それより少ない人もいるわけです。


その一方、大企業の経営者は数億円の報酬を受け取っている人もいます。その上、彼らが何をしたかと言えば、数万人単位のリストラでした。

関連記事:山本太郎・参院議員が新党『れいわ新選組』を結党 消費税廃止を公約に

■雇用変化の皺寄せに

雇用流動化のための政策が、結果的に一部世代に負担を集中させる結果につながった。

金子:ワーキングプア登場の背景には、雇用形態の変化があります。これは雇用の流動化を推進する意図で進められました。


雇用の流動化には斜陽産業から成長産業への人材移動を促すという側面がありますが、結果的には中高年世代の雇用を守るべく、若い世代に皺寄せが来ました。


最大の被害者は、バブル景気崩壊後の不景気と重なった「ロスジェネ」すなわち「ロスト・ジェネレーション」と呼ばれる30代後半から40代にかけての世代です。


私自身もロスジェネに含まれますが、この世代は若くしてバブル景気のツケを払い、老いても年金を受け取れるか定かではない。そうした世代の遣り切れない思いを代弁しようとしたことが共感を呼んだのでしょう。

■消費税の減税・廃止は目玉

―――れいわ新選組が目玉政策にした「消費税廃止」についてどう思いますか。

金子:消費税には、収入が少ない人ほど可処分所得に対する負担割合が重いという欠陥があり、「経済的弱者の味方」を標榜するれいわ新選組にとっては目玉となる政策でしょう。


この10月からは税率が10%になりますが、買い控えなどが起こり、景気に悪影響を与えることは必定です。また、消費税に関しては輸出企業に対する「戻し税」の問題があります。


これは、外国に輸出した製品には消費税を課せないので相当額が還付されるというものです。それも、先払いした分に対する利息まで加算されて。


本来なら、還付された分は部品を製造した下請け企業に配分せねばなりませんが、実際のところは、そんなことはなされず、内部留保としてるようです。結局のところ、実質的な輸出補助金としての役割を果たしています。


というわけで、可能ならば消費税を廃止すべきと思いますが、実際のところ、昨年度の時点で消費税の税収は17兆円超、歳入の約18%にあたりますから、これを即座に廃止するのは困難だと思います。


現在、れいわ新選組は「消費税5%」を野党共通の公約にしようとしていますが、現実的な判断だと思います。

■奨学金徳政令も魅力

金子氏は、自身の体験から「奨学金徳政令」にも魅力を感じるという。

金子:奨学金の返済に苦労した身としては、「奨学金徳政令」など魅力的ですね。そもそも、学問に専念するための経済的支援という奨学金の趣旨からいえば、社会人になった時に返済せねばならないという仕組みがおかしいと思います。


これでは、「国営学資ローン」ですよ。その一方、一部の外国人留学生には少なからぬ奨学金が供与されていますけれども、目に見える効果がありません。この際、奨学金の在り方全般にメスを入れてほしいと思います。

■「特定枠」の活用は巧妙

―――ふなごやすひこさんや木村英子さんといった重度障碍者を「特定枠」で比例の1位・2位に登載したことはどう評価しますか。


金子:選挙区の合区であぶれた議員を「裏口」から当選させるために自民党主導で設けられた特定枠を逆手に取り、選挙運動のできない重度障碍者を国会に送り込むというれいわの手法はじつに巧妙だと思います。


議会制民主主義においては「数こそ力」であり、世間の同情を集めて得票を増やそうとしたということでしょう。既成政党が芸能人やスポーツ選手を候補として擁立するのと同じことです。


「障碍者を利用しているだけだ」という意見もあるようですが、それは障碍者を「庇護すべき無垢な弱者」という先入観に囚われた考えではないでしょうか。


重度障碍者だって健常者と同じ人間ですから、ギブ・アンド・テイクの論理が成立します。そうである以上、山本代表が同情票を得るべく重度障碍者を利用したことは事実でしょうが、重度障碍者が自らの主張を実現すべく山本代表を利用したとも言えるでしょう。



■右派がれいわを支持する背景

―――右派の一部には条件つきで《れいわ新選組》を応援するという運動がありましたが、どう思われますか。

金子:私の周りで右派を自任する人にも、れいわに期待している人はいます。安倍政権は右派的と思われがちですが、その本質はグローバリズム・新自由主義で、TPPにしても移民受け入れにしても、やっていることは国家という枠組を否定することばかりです。


冷戦終結後、世界を隔てる政治的な壁がなくなり、自由主義経済の論理に基づいて国境を越えた経済活動が行われやすくなりました。


それを背景にして生まれたのは、グローバルな経済活動を推進すべきというグローバリズムであり、その妨げになる規制を排除すべきという新自由主義ですが、これは「国家を守る」という右派の主張と相容れません。

■グローバリズムが生むゆがみ

安倍政権の進める政策は、右派の期待を裏切っていると金子氏は分析する。

金子:さらに、グローバリズムや新自由主義は、大企業経営者のような人間にとっては良いでしょうが、地道に働く一般庶民からすれば可処分所得の低下を招くなど良いことはありません。このような国民の分断も、右派からすれば好ましくありません。


こうしたグローバリズムや新自由主義の行き過ぎに歯止めをかけてほしいと、右派を自任する人々の多くは「美しい国」を唱えて再登板した安倍首相に期待しましたが、その期待は裏切られました。


そうした思いを持つ人の中から、新自由主義がもたらした経済格差の克服を掲げるれいわに期待する人が出てきてもおかしくないでしょう。


■思想的な幅がポイントか

―――今後、れいわ新選組はどのような方向に行くと思うか?

金子:左派的な色彩が濃厚でありつつも、右派的な傾向の人々の支持も得ているれいわには、野党結集の基軸となる可能性がありますが、そのためには思想的な幅を広げることが必要でしょう。


その意味で、GHQの占領政策を批判したふなご議員の発言を封殺するような動きは極めて残念でした。それに関連して、気になるのは山本太郎代表の天皇観です。


山本代表は、2013年年秋の園遊会において、原発事故に関する直訴状を当時の天皇陛下に手渡すという挙に出ました。この行為自体は極めて非礼ですが、「天皇陛下に御願いすれば何とかしてくださるかもしれない」という発想じたいは否定すべきでないと思います。


今後、れいわ新選組がいかなる動きをするか、私には分かりません。ただ、左派的な色彩を強めれば強めるほど共産党や社民党との区別がつかなくなり、右派の支持を失うことでしょう。

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二)

関連記事(外部サイト)