柳ゆり菜、地下芸人を描いた衝撃作でヒロイン熱演 「愛おしく思った」

柳ゆり菜、地下芸人を描いた衝撃作でヒロイン熱演 「愛おしく思った」

柳ゆり菜、地下芸人を描いた衝撃作でヒロイン熱演 「愛おしく思った」

「地下芸人の帝王」横須賀歌麻呂の半生を描いた映画『東京アディオス』が、10月11日から、シネ・リーブル池袋にて上映される。

しらべぇ取材班では、本作の上映会イベント終了後に、横須賀のミューズでもあるヒロインを演じた柳ゆり菜にインタビューを実施した。


■「だから地下芸人なのか!」

―――テレビでは放送できないような下ネタしか言わない地下芸人が主役で、しかも、その地下芸人を演じるのは本人。めったにないケースだと思うのですが、最初にオファーが来たときはどのように思われましたか?

柳:最初に「面白い地下芸人がいるから、映画にしようと思う」という話を何となく聞いてから、台本をいただいたのですが、下ネタが並んだ台詞を見て「だから地下芸人なのか!」と思いました(笑)


そう思うと同時に、誰かの理想を演じることにやりがいを感じて。救いになるような役をやってみたいと思ったので、出演を決めました。


関連記事:「公衆便所で射精」「生き生きしてた」 地下芸人を描いた映画に衝撃

■色のついた世界に生きるヒロイン

―――柳さんは今回、横須賀さんの熱心なファン、売春婦など、横須賀さんの妄想の中に登場する多様なキャラクターを演じられました。中には、柳さんが横須賀さんのネタを話すシーンもあり、苦労したこともあったのではないかと思います。

柳:現場はいつも楽しくて、体力的、精神的に苦労したシーンはなかったです。実際に存在する「エリカ」という人物を演じた上で、アダルトビデオに出てる子だったり、横須賀さんの妄想の中に登場するいろんな人物を演じる必要があったので、そこに戸惑いはありました。


撮影してるシーンが妄想か現実かわからなくなってきたときは、監督と話し合って「ここは妄想ですよね?」と確認して。面白いのが、モノクロとカラーのシーンがあって、私が出てるシーンはほとんどカラーなんですよ。


現実のシーンがモノクロになることが多いらしくて、「柳さんが出るシーンでモノクロはほとんどないよ」と言われてました。


―――作中の横須賀さんの脳内で、柳さん演じるヒロインが登場する世界には色がついていたというのは、ヒロインがいかに横須賀さんにとって、救いとなる存在だったかがうかがえます。

柳:存在しないけど、明るい世界に生きてる。そういう扱いをされてるというのが愛おしく思いました。男の子の脳内を覗いてるじゃないですけど、いつまでも性のことだったりとか、仕事で上手くいかない怒りであったりだとか、悶々と生きてる感じが人間らしいなと思いました。

■役作りの上で大切にしたのは「母性」

―――役作りをする上で、どのようなことを意識しましたか?

柳:蓋を開けてみると、私は……っていうすごいオチなので、男性の理想を崩さないようにというか、母性がすごく大切だなあと思っていました。


横須賀さんのファンが「あの人」と呼ばれてる人で、昔、実際に高校時代にいた子が「エリカ」って言うんですね。エリカは不良たちと付き合いながらも、すごく母性がある子で、横須賀さんを気にかけるようなすごく優しい女の子なんです。


横須賀さんの中で、エリカが「あの人」になって、アダルトビデオに出てたり、娼婦になってキャッチをしてたりするんですけど、彼女のバックボーンを考えると、つらい経験をしてきてるのかなと自分の中でイメージを作りました。


性に興味がないからこそ、逆に下ネタの芸で笑えるのが嬉しくて、横須賀さんのことを好きになったのかなとか。そういう好きになった理由をすごく考えました。そういう母性を出さなきゃって。


■「いそうな」お笑いファン像

―――大怺ト督は「柳さんが演じた女性像のどれにも何も感じないのはヤバいと思う」とおっしゃられていました。柳さんご自身が「男性だったらグッとくるだろうなあ」と思うシチュエーションはどちらでしょうか?

柳:自分のやりたいことを本当に応援してくれてるのが、私が男性だったら一番キュンとすると思います。自分の漫才を観て、笑ってくれたりとか、あれが面白かったって無邪気に話してくれたりとか。


横須賀さんは下ネタ芸をやってるわけじゃないですか? それを肯定してくれる女性って本当に懐が深いと思うんです。そこは非現実的にしたくなくて、「いなさそう」と思われたらダメだなと。


女性がこういう下ネタで笑ってもいいし、小さな劇場に夜な夜な観に行ってもいいっていうのは、自分の中で価値観としてありました。


―――柳さんの中で、「いなさそう」と思われないために工夫したのは、どういったところでしょうか?

柳:私の友達もお笑い芸人さんが大好きな子がいて、小さい劇場に観に行ったりもしてたのを何となく観ていて。


本当におとなしそうな子もよく観に行ってたので、どんな人が笑い好きかっていうのは決めませんでした。どんな人だってお笑いは好きだと思うし、参考にした人はいないんですけど、逆に固定観念を取っ払ったって感じですね。

■芸人の演技に「頭の回転が違う」

―――大怺ト督に芸人さんの演技力について聞くと、「全く不安はなかった」とおっしゃっていました。村上淳さんも「芸人さんだけあり芝居が素敵」とコメントされていましたが、柳さんはいかがでしたか?

柳:芸人さんって本当に演技が上手なんですよね。それはずっと思っています。経験がなくても、スイッチが違うんだろうなって。自分自身でいろんなことを考えていて、それを演じてというのは、頭の回転の仕方が違うと思います。


舞台でキャラクターを演じて、笑いをとる作業をずっとやってきてる方なので、そのキャラクターになりきることに抵抗もないでしょうし、「こういう風に言わなきゃ」ではなく、「こういう風に思われるにはどうしたらいいだろう」って考えてる人たちだと思います。


結果から過程を結びつけるというか、芸人さんはポンと芝居をできるのは目的がしっかりしてるし、尊敬してました。横須賀さんも自然ですし、彼もあのままの感じでしたし、さらけ出すことに抵抗がないんだなと思って。


―――横須賀さんの「スイッチが入ったな」と感じた印象的なシーンはありますか?

柳:傍から見ててですけど、玉山鉄二さんとのシーンで普通にやり合ってるのが面白いなあと思って。


私が一緒にお芝居をして見ていたのは、「横須賀歌麻呂」を演じている横須賀さんでしたが、玉山さんと対峙しているのは冴えないおじさんの横須賀さんで、そんな彼が玉山さんとリアルなやり取りをしているので、「いやあ、やりよるなあ」と思って見てました(笑)。


■それぞれの生き方がある

―――今回の映画で地下芸人と呼ばれる存在を知って、芸人さんの見方に変化はありましたか?

柳:面白いことを言うのって難しいから、芸人さんに対するリスペクトは元々すごくありました。


ドラマでも芸人の役をやらしていただいて、お笑いの難しさをさらに感じたし、こういう地下とかテレビに出て売れるとか、俳優の中でもあると思うんです。なんか、つながるなあと思って。


売れないし、生活もつらい。だけど、お笑いや演技が好きで、そこに対する制作意欲を止められないから、ずっと年齢を重ねても苦しみながらやってるのは、悶々とすると思います。


今は調子いいと思っても明日にはわからない世界だから、私も苦しいときはあります。でも、私も続けたいなと思いました。


―――柳さん自身も、力をもらったということでしょうか?

柳:この生き方が悪いわけじゃないですから。「ちゃんと公務員になりなさい」とか「固定給をもらいなさい」って考え方もありますけど、それぞれの生き方があるし、それぞれの人生にあったやり方っていうのが絶対にあると思うんです。


だから、何が正解って言っちゃうと、それが窮屈というか、面白くないじゃんっていう風に監督はすごく思ってるんじゃないかと感じましたね。

■深掘りするのはやめとこおかな(笑)

―――映画には、地下芸人の方がたくさん出演されていますが、気になった方はいますか?

柳:(パンフレットの三平×2を指さして)私はもうダメです。さっきのイベントで見てしまったから(笑)。「みひらさんぺいさん」って言うんや。


―――三平×2さんはインタビュー前のイベントでエッジの効いたネタをされていました。ぜひ名前も覚えておきたいところではありますが、ネタ的に、テレビで観るのは少し難しいかもしれません。

柳:いやあ〜、メディアには出ない彼の生き方があるんで(笑)。


―――劇中で歌麻呂さん以外もネタをするシーンがありますが、一部でしたよね。

柳:ネタのエッジがあまりに効きすぎてたみたいで、「ネタがちょっとあれだから、カットした」って監督がおっしゃってました。


―――ますます気になります(笑)。

柳:(パンフレットの比嘉モエルを指さして)いやあ、でも気になりますね。深掘りするのはやめとこおかな(笑)。


■地下芸人は自由を謳歌している

―――先ほどからお話を伺っていても、柳さんはかなりお笑い通ですよね。大阪出身ということもあって、小さい頃からお笑いは身近な存在だったのでしょうか?

柳:当時、私の中でお笑い芸人さんって言ったら、千鳥か笑い飯でした!


―――base(2010年に閉館した吉本の劇場)のトップ2組!

柳:千鳥さんがショッピングモールの営業に回ってらっしゃるのも観にいってました。当時からすごく面白かったけど、今はさらにすごいですよね。


―――全国放送の番組に次々と出演して、今一番、脂が乗っている芸人さんという印象です。柳さんは千鳥さんのようにメインストリームで活躍する芸人さんとの共演もしながら、今回は地下芸人の横須賀さんと共演をされました。テレビで活躍している芸人さんと地下芸人さんの違いは感じましたか?

柳:違いかあ…。自由度は違うと思います。自分の好きなことをひたすらやってる人たちが地下芸人だし、好きなことをやってるはずだけど、知らないうちにしがらみの中にいるのが地上波に出られるような芸人さんだと思います。


―――柳さんがドラマ『べしゃり暮らし』で演じたお笑いコンビ「ニップレス」も、いわゆる王道な売れ方をしていくであろう芸人さんなのかなと思いました。

柳:ニップレスも原作の中でブルマを穿いたり、女性であることを売りにさせられていたり、やりたくないこともしてたじゃないですか? 「売れる」って、やりたくないことでも求められることをやらないといけないから。


そこの好きなことばかりをやってられないっていう部分もあって、だからお金も入ってくるんだと思うんですけど。


―――その部分をクリアして、売れてる芸人さんには強さがありますよね。

柳:強さもあるし、売れてる芸人さんはめちゃくちゃすごいなと思います。でも、地下芸人と呼ばれながら、好きなことを謳歌してるのも美しいと思います。


今日のイベントで地下芸人の方たちと会ってみて、エネルギーを感じましたね。どう絡んでいいかわからなくて、ヒヤッとはしましたけど(笑)。


■『東京アディオス』に何を感じるか

―――『東京アディオス』はテーマがテーマだけに、観る人を選ぶ映画なのかなと思います。柳さんとしては、どのような人にぜひ観てもらいたいと思いますか?

柳:「人が触れたくないようなもの」と思われがちなものを扱っている映画だからこそ、下ネタであったり、地下芸人に興味ないよって思っている人たちに観てもらいたいです。そういう方が、『東京アディオス』を観て何を感じるのかを知りたいです。


―――その回避している人が見て超えていけるエネルギーがありましたか?

柳:そのエネルギーを感じましたし、出てくる面々も魅力的だし、何よりも横須賀さんが自分の人生をかけてると思うんです。表に立って、笑いものにされるかもしれないわけじゃないですか。そんな、いろんな恐怖がある中でやってる。


劇中にも出てくる台詞なんですが、「もういいよ」って。そう言ってもらえることで、心が楽になる人に観てもらいたいです。ダサく生きてもいいんじゃないって提示があると思っているので。

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人)

関連記事(外部サイト)