フィギュア・織田信成氏、監督辞任に反論 関大は「話し合い続ける用意ある」

フィギュア・織田信成氏、監督辞任に反論 関大は「話し合い続ける用意ある」

フィギュア・織田信成氏、監督辞任に反論 関大は「話し合い続ける用意ある」

フィギュアスケートの織田信成氏が、先日の関西大学アイススケート部監督辞任に関して、大学側に反論を行った。この件は、ツイッターのトレンド入りもして、波紋を呼んでいる。

しらべぇ取材班は、そのブログの中身を追い、そして関西大学にこの件に関してのコメントを求めた。


■リンク内でモラハラや嫌がらせが…

織田氏は30日自身のブログで、「応援して下さるスケートファンの皆様、スケート関係者の皆様へ」という文面を発表。関西大学アイススケート部監督辞任について、一部事実とは異なる報道があるとしたうえで、

「辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事ができなくなったことと、それに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです」


と胸のうちを明かした。


関連記事:高橋大輔選手の現役復帰に織田信成がエール 「信成くんも復帰できる」と太鼓判のワケ

■オファーがあればどこへでも…

途中で職務を投げ出す形になったことに無念さをにじませた。

「途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っています。どんな状況でもスケートを教えることがすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています。


人前で笑うことがつらく感じる時期もありましたが、今は家族との時間を多く取り、他のお仕事をすることで精神的にも安定してきました。


13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でしたが、指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います」


と述べて、指導者としての夢をまだ諦めていないと最後に綴った。

■大学は一同感謝している

織田氏ブログの発言に関して、関西大学は以下のように答えた。

「織田信成さんに対しては、監督就任以来2年余り、後進の育成にご尽力いただき、本学関係者一同大変感謝しております。本学としては織田信成さんの事情を踏まえて慎重に対応してきたつもりですが、ご本人の理解を十分に得られなかったことは大変残念であります。


さて、本年4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があったことは認識しています。その後、織田信成さんからは、本年7月1日に学長に対して所属事務所、弁護士が同席のもと、指導方法等に関する強い要望がありました」


■話し合いを続ける用意がある

そして、大学側は、話し合いを続ける用意があるという。

「そこで、織田信成さんのご意見もお伺いし、その内容に基づき、時間をかけて複数の関係者に対してヒアリングを行ってまいりましたが、総合的にみてその要望を受け入れることは妥当ではないと判断しました。


織田信成さんのご体調も考慮しつつ、こうした結果を織田信成さんにお伝えすべく、慎重に準備を進めておりましたところ、先に織田信成さんから辞任のお申し出があり、やむなく本学として了承することとなりました。


なお、9月9日の退任の報道にあたっては所属事務所と十分に協議の上、発表しておりますことを申し添えます。


本学としてはこれからもご本人や所属事務所と話し合いを続ける用意があり、真摯に対応してまいりたいと考えております。引き続き、学生ファーストをモットーに、練習環境の向上に努めて参ります」


バンクーバー五輪などでも活躍した織田氏と大学側に、もしボタンの掛け違いがあるとすれば、再度充分な話し合いの場を持ってほしい。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事(外部サイト)