最悪…実際に起きた「格安レンタカー」を借りたために起きた悲劇

最悪…実際に起きた「格安レンタカー」を借りたために起きた悲劇

最悪…実際に起きた「格安レンタカー」を借りたために起きた悲劇

10月に入り暑さも和らいできたことから、遠出して観光をするという人も多いだろう。

旅先ではレンタカーを借りることもあるが、記者は北海道へ行ったときに「格安レンタカー」を借りて、とんでもない目にあってしまった。


■暑くなってきたのでエアコンをつけると…

朝に新千歳空港近くの格安レンタカー店で車を借り、札幌に着いたころ昼になり気温が高くなったためカーエアコンをつけると…

「あ、暑い! 冷房にしてるのになぜか熱風出てる!」

と、クーラーをつけたにもかかわらず、暖房レベルの熱い風しか出ない。もちろん送風モードにはしていないので、明らかにエアコンが壊れている状態だ。


関連記事:【酪農王国で飲み比べ実験】いちばん美味しい牛乳はどれだ? うまさを決めるポイントは?

■レンタカー会社から衝撃の返答が

秋とはいえあと3泊北海道に滞在し、車も長く使うことからさすがにエアコンが壊れた状態はキツい。すぐにレンタカー会社に連絡すると、衝撃の返答がかえってきた。

「通常は代車を用意しているのですが、他の借りた人が事故を起こしてしまい替えがありません…大変申し訳ありませんが、そのままお使いいただけますでしょうか」

会社が言うには、エアコンが壊れた車を使い続けろということらしい。いくら安くて比較的涼しい北海道とはいえ、ずっと窓全開にするわけにもいかないしそれはないでしょ…。

■なぜかイエローハットへ行くハメに

さすがにありえないと思ったので何か方法はないかと聞くと、なんと「修理代を出すから近所のカー用品店でエアコンを修理して欲しい」と言われる。

それを客にやらせるのか…と正直思ったが、代車の手配ができないのならもう仕方ない。近くのイエローハットに行ってエアコンを見てもらう。

しかし、30分後に点検が終わったあとわかった結果はエアコンのガスが切れており、コンプレッサーが止まっている状態だった。


■他の系列店で代車借りられないの?

そのため、修理ができず単なる時間の無駄に。しかし調べたところ、このイエローハットのすぐそばに借りた格安レンタカー店と同名の別店があるではないか!

そのことをレンタカー店に伝え、そこで代車を借りれないかと聞くと、さらに衝撃の返答が…

なんと「フランチャイズなのでその店とは関係がなく、代車を借りられない」というのだ。コレ、名前を同じにしてる意味あるの…? 正直もうお手上げなので以下の交渉を行った。


■最終的な対応は

壊れた車を取りに来て他のレンタカー会社で借りるお金を支払ってほしい→無理

確かに格安レンタカーなので他で借りるよりも安いため、それでは全額返金にしてほしい→無理

対応は借りた時間分を引いてあとで返金(その後のレンタカーは自分で手配)


という結果になった。トラブルで記者が数時間をムダにしたにも関わらず、結局エアコンが壊れた車を取りにくる以外、代車の手配などはすべて自分でするハメになったのだ。トホホ…。


■格安店で借りるときは注意

確かに借りるお金は大手のレンタカー会社より3泊で2〜3,000円ぐらい安かったが、エアコンが壊れていることに気づかず車を貸し、代車すら無いのはありえないのではないだろうか。

また、車も古いものが多いので日帰りの運転ならともかく、長い期間車を借りるなら何かトラブルがあったときにしっかり対応してくれる大手を選ばないと、後々面倒になることがある可能性があることを実感した。

もし格安店を利用する際は、楽しい旅が最悪にならないよう、レンタカーを借りるときは代車があるのかや壊れたときに別店で借りられるのかなどをネット予約でも事前に聞き、いざというときの対応を聞いておいたほうがいいかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)