加藤浩次、織田信成氏のモラハラ告白に 「周りが声をあげて」と訴え

加藤浩次、織田信成氏のモラハラ告白に 「周りが声をあげて」と訴え

加藤浩次、織田信成氏のモラハラ告白に 「周りが声をあげて」と訴え

プロスケーターの織田信成氏が、関西大学アイススケート部の監督とコーチを辞任した本当の理由について、自身のブログで告白した問題。

1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、極楽とんぼの加藤浩次がこの件に言及し、多くの反響が寄せられている。


■「嫌がらせがあった」と告白

大学側は先月9日に、織田氏の監督辞任の理由は「多忙なため」と発表していたが、織田氏は「辞めた本当の理由はリンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為」があったと反論。

その影響で、「今春から体調を崩し辞任するまでの3ヶ月間、リンクに行くことができなくなったこと、それに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったから」とも明かしている。

しかし、織田氏からの訴えを受けて、大学側が聞き取り調査を実施したそうだが、同番組の取材に対して「嫌がらせ、モラハラにあたるものは確認できませんでした」とコメントしたという。


関連記事:フィギュア・織田信成氏、監督辞任に反論 関大は「話し合い続ける用意ある」

■加藤「意味がわからない」

今年7月から大学側と織田氏で話し合いの場が設けられ、織田氏がことの経緯を全て把握しているにも関わらず「大学側が一番最初に『多忙のため』と言った意味がわからない」と加藤。

「上手く行かなくなったら違う形でスッと何もなかったようにしようとする感じが見受けられる」とも指摘した。

「パワハラ・モラハラみたいな、嫌がらせみたいなものがあったのだとするならば、周りの人間は知っている」とし、「周りの人間は知っているんだけども、こういった場合は周りの人間にも生活がある。逆らって自分がそこを言ったときに、自分が排除される怖さってあるんですよ」と、問題の根幹部分に触れていく。

■「周りが声を上げてほしい」

加藤は「みんなが口をつぐんでしまうと、織田くんがちょっと大げさに言ってるだけだよみたいな」形になってしまうとも指摘。

そして「これ、周りにいる人間が声をあげてほしいと思う。自分の生活も大事だと思うけど、機関の体制が変わったら、自分の生活も逆にちゃんと守られることになるってことを理解してもらいたいんだけど、なかなか難しいのかな」と訴えた。


■共感の声が相次ぐ

問題を根本から解決するためには、真実を目の当たりにしていた周囲が勇気を持って声をあげていくことが必要だと訴えた加藤の言葉に、視聴者から多くの共感の声が寄せられている。

「周りが誰も何も言わないと織田くんが一人で勝手にそう思ってるように見えてしまう可能性がある。守るものもあるのだろうけど周りの人も声を声を上げてほしい」
ほんとにそう思う。加藤浩次さんありがとうございます? #スッキリ

— Tomy (@tonnansha_pe) September 30, 2019

#スッキリ

加藤さんが、「周りの人も声を上げて??」と言ってくださいました。
感謝????

監督が生徒にモラハラではなく、監督がモラハラを受けたのですから、
監督にモラハラができる人間は限られていますよね?

弁護士を入れ控訴で自然とあぶり出されていくでしょうけどね?
その日が楽しみです

— ?Hyde?4A??見とけ世界?? (@michaelide2010) September 30, 2019

スッキリ加藤さん
周りの人たちが声を上げないと織田くんひとりが言ってるだけになっちゃう
難しいけど
って熱く語ってくれた?

— ふゆあかね (@fuyuakane07) September 30, 2019

周囲の人々がなかなか声をあげられない状況を踏まえた上での力強い加藤の訴えに、心を動かされた人は少なくないようだ。今後、事態がどう動いていくのか注目される。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

関連記事(外部サイト)