大阪の玄関・梅田駅が「大阪梅田駅」に変更 「よけい混乱しそう」と戸惑いも

大阪の玄関・梅田駅が「大阪梅田駅」に変更 「よけい混乱しそう」と戸惑いも

大阪の玄関・梅田駅が「大阪梅田駅」に変更 「よけい混乱しそう」と戸惑いも

(bee32/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

大阪・キタを代表する玄関口である阪急電鉄と阪神電鉄の梅田駅(大阪市北区)が2019年10月1日に「大阪梅田駅」へ名を変えた。

100年以上親しまれてきたターミナル駅の名前が変わった日。ネット上ではどんな反応が寄せられたのだろうか。


■発表当初から不評だったが…

10月1日には京都市下京区の「河原町駅」を「京都河原町駅」にするなど京都、大阪、兵庫3府県の私鉄やモノレールの計10の駅名が変更。新しい道のりを歩むことになったが、とりわけ大きな注目を集めたのが、大阪梅田駅だ。

阪急と阪神はそれぞれ車内のアナウンスで「大阪梅田」とは言っていたが、それが現実の駅名として使われることになった。7月30日に発表されるとネット上から「逆だろ。余計に分かりにくくなる」などの声が上がっていた。


関連記事:阪神電車の座席に薬品? 「尻に重度の火傷」に「怖すぎる」の声相次ぐ

■観光客や外国人にもわかりやすく

ダンジョンと言われる大阪・梅田エリアで新たに登場した駅名――阪神電鉄は駅名変更についてコメントした。

「観光客や訪日外国人を初めとした沿線外からのお客様にとって、より分かりやすくするため、大阪中心部に位置することを意味する『大阪梅田』駅に変更します」

あくまで変更することによってわかりやすくなるとのこと。

今朝ご覧になられた方も多いかと思いますが、本日から阪神電車、阪急電鉄ともに、「梅田」駅を「大阪梅田」駅に駅名変更しております。
これからもよろしくお願いいたします? pic.twitter.com/rhXWdz7aUA

— 阪神電車【公式】(阪神電気鉄道) (@hanshin_pr) September 30, 2019

様々な意見を巻き起こして迎えた変更当日。阪神電鉄の公式ツイッターアカウントも変更を報告した。

■ネットでは不満が目立つ

当日になれば否定的な意見も減って新たしい道のりの初日を祝う声があるのではないかと思われたが、そのリプライ(返信)欄を見てみると――。

「まあ阪神梅田、阪急梅田と会社名をつけた前のほうがしっくりする。喋る時は別に変えるつもりはない。まあ何が変わろうと、乗り慣れた身としてはどうでもいいけど。別に旧名を使っても支障ないし」


「知らぬ間に変わってる。どっちの梅田? で他所から来た人は、 余計混乱しそうに思うけど」


「これからも大阪梅田駅と呼ぶことはないんだろうな…」


1日15時45分までに40件近いリプライが寄せられているが、多くは「大阪梅田」の名前に対する不満がほとんどだ。「梅田駅」だった時間が長すぎてたった1日でその名前が受け入れられるのは無理があるかもしれない。


■一番大切なのは「慣れ」なのか

一方では「そのうち慣れる」という声も目立つ。やはり慣れてしまいさえすれば、大阪梅田の名前が定着し利用者から愛される名前になるのかもしれない。

思えば、2008年にも同じ京阪電気鉄道の「四条駅」を「祇園四条駅」に「丸太町駅」が「神宮丸太町駅」に変わったこともあった。四条駅の名称は漢字が旧字体から新字体に変更されたことがあっても1915年から93年にわたって使われてきた名前だった。

しかし、変更から11年経った2019年にはその名前がすっかり馴染んでいる。このようにある程度の期間が経てば「大阪梅田」の名前も地域に馴染み、当たり前の存在になるのではないだろうか。


■駅の構内で道に迷った経験は…

大阪・梅田エリアに限らず、慣れていても迷ってしまうようなダンジョン駅がある日本。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体の46.2%が「初めて訪れた駅の構内で道に迷ったことがある」と回答している。

半数近くの人が迷った経験あり。やはり日本の駅構内は複雑。せめて名前だけでもわかりやすくあってほしいものだ。

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年9月25日〜2015年9月28日
対象:全国20代~60代 男女1400名

関連記事(外部サイト)