武井壮がインスタで公開 日本を代表する「パンチの達人」集結

武井壮がインスタで公開 日本を代表する「パンチの達人」集結

武井壮がインスタで公開 日本を代表する「パンチの達人」集結

元プロボクサーの山中慎介、そして現役プロボクサーの井上尚弥と井上拓真――オールスター級の面々にファンからも「ガチで強い人達」などのコメントが寄せられている。


■百獣の王もタジタジ?

View this post on Instagram

獣飯会 山中慎介 井上尚弥 井上拓真 日本が生んだパンチの達人達 #殴り合いでは分が悪い #山中慎介は人が良すぎて倒しにくい #井上尚弥はシンプルに危険 #井上拓真は今成長中だから応援したくて倒しにくい #ボクシングルールだとヤバイからサバンナでタイマンの一択 #それでも接近戦で殴り合いはヤバい #でもボクサーはグローブつけてっから #あっち向いてホイして #グーしか出せねえからパーで #あっち向いてホイして横向いたとこをドーーーン!! #これしかねえ #でもまあみんないいやつだからオレから手を出すことはねえ

A post shared by 武井壮 (@sosotakei) on Oct 1, 2019 at 8:24pm PDT

それぞれカメラに拳を見せ、非常にパンチの強い1枚となった。武井は投稿の中で「日本が生んだパンチの達人達」として山中慎介、井上尚弥、井上拓真を紹介した。

「百獣の王」を目指している武井だが、数々の名勝負を繰り広げてきたボクサー相手にも拳をぶつけるのか。しかし、ハッシュタグを見てみると、

「山中慎介は人が良すぎて倒しにくい」


「井上尚弥はシンプルに危険」


「井上拓真は今成長中だから応援したくて倒しにくい」


といったワードが並べられており、手は出さないようだ。百獣の王になるためには優しい心も必要ということなのだろうか。しかし、ハッシュタグには続きがあり、

「#でもボクサーはグローブつけてっから#でもボクサーはグローブつけてっから#あっち向いてホイして#グーしか出せねえからパーで#あっち向いてホイして横向いたとこをドーーーン!!」


と武井。一応、戦い方は考えていたようだ。


関連記事:ボクシング界の怪物・井上尚弥選手を倒した男の「引退を決めた理由」に反響

■富樫勇樹選手も反応

投稿のコメント欄には、

「ガチで強い人達」


「ボクサーは一般人殴れないから勝てるで!」


「あっち向いてほいで向いた方の手からのパンチならカウンターでききそうですね(笑)」


といったコメントが寄せられた、そしてBリーグ・船橋ジェッツの富樫勇樹選手からもコメントが寄せられ、

「あっち向いてホイ」


と涙目で笑うの顔文字付きで反応があった。プロアスリートから見たら、あっち向いてホイは有効な策ではないのかもしれない。


■ストリートファイト経験者は…

今回は拳を交わすことがなかったが、肉体派のタレントとボクサーがプライベートで決闘となったら大変な騒ぎである。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査したところ、全体の6.0%が「ストリートファイトをしたことがあるか?」と回答している。

本当はゼロであってほしかったが、わずかながら存在しているようだ。ストリートファイトは、日本では「決闘罪」が適用され検挙の対象になるので、くれぐれも気をつけたい。

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日
対象:全国20代〜60代の男女1,378名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)