カープ・佐々岡監督就任か しかし報道に対してファンは…

カープ・佐々岡監督就任か しかし報道に対してファンは…

カープ・佐々岡監督就任か しかし報道に対してファンは…

(ronniechua/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2019年シーズンはBクラスに終わった広島東洋カープ。リーグ3連覇を成し遂げた緒方孝市監督が退任し、その後任の人事に注目が集まっていた。

そして10月4日、佐々岡真司投手コーチの監督就任の報道が出た。カープファンにとっては待望の新監督なのかと思いきや、ツイッターでは意外にも否定的な意見も多く寄せられている。


■過去を見れば適任のはずだが…

各報道によると、4日に球団幹部と佐々岡が会談し、球団から監督就任の要請があったという。日刊スポーツの報道では佐々岡が「前向きに考えています」とコメントしているとの話もあり、近く正式に就任する可能性が高い。

佐々岡は1989年のドラフトでカープから1位指名を受けて入団。91年には沢村賞などを獲得し、リーグ優勝に貢献した。2007年の引退まで役割を変えながらも、チームに欠かせない存在として活躍を続けた。

投手コーチには19年から就任。チーム防御率を18年シーズンの4.12から3.68に改善させコーチとして指導者としてもチームに貢献した。これだけの人物ならば監督就任にもファンも大喜び――かと思いきや、ツイッターの反応を見ると、そういうわけでもないようだ。


関連記事:広島カープの愛されベテラン・新井貴浩が引退 非難のFAから出戻り、優勝に貢献

■期待値は低い?

佐々岡の就任報道はツイッターのトレンド入りを果たすなど大きな話題になっている。しかし、コメントを見ていくと必ずしも就任が歓迎されているわけではなさそうだ。

佐々岡が監督になるのは辞めてくれ、なるまえに辞めてくれ。
暗黒の予感しかしない。

— 葦野有楽斎 (@JoymanReedfield) October 4, 2019

佐々岡に監督させるくらいなら俺にさせろっていう奴は市内に40万人くらいおるやろなぁ。

— syou (@syou710) October 4, 2019

佐々岡監督とかまじで終わった。暗黒期突入やな

— はる鯉 (@BLACK30686977) October 4, 2019

ほかにも過激な発言を含めて否定的な意見が多く寄せられた。しかし、一部ファンからはこうした否定的な意見を見たからこそ応援する気になるとの声もある。

来季は就任前のこうした逆風に負けず、2年ぶりのリーグ優勝、そして1984年以来の日本一を掴み取ってもらいたいものだ。


■強いと思うチームは?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代のプロ野球ファン1,182名に「プロ野球の球団で最も強いと思うチームはどこか」について調査を実施。そのランキングが以下だ。

1位に輝いたのは今季惜しくもリーグ優勝の逃した福岡ソフトバンクホークス。そして2位に広島東洋カープが滑り込んだ。今季は残念ながら、この調査の結果とは裏腹にBクラス転落を味わってしまったカープ。新監督の元で復活を期待したい。

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代のプロ野球ファン1,182名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)