森咲智美、ノーブラのまま野外で建設作業 「他のモノがたちそう…」

森咲智美、ノーブラのまま野外で建設作業 「他のモノがたちそう…」

森咲智美、ノーブラのまま野外で建設作業 「他のモノがたちそう…」

華麗な水着を身にまといセクシーなポーズをとるグラビアアイドルは、まさに世の男性たちの憧れ。しかしグラドル・森咲智美が華やいだ世界から離れ、工事現場で汗を流す様子が話題となっている。


■それでもセクシー

ヘルメットを被り作業着に身を包んだ森咲は、一心不乱に「手押し車」を押している。わき目もふらず真っ直ぐ前を見据えて作業する姿は、まるで現場の職人そのもの。

万全の装備に思われたが、ツイートを見ると「お家建てる前にブラが欲しい」と致命的な忘れ物があることが綴られていた。確かに大胆に開いた胸元を見ると、ノーブラであることが伺える。

お家建てる前にブラが欲しい pic.twitter.com/jJWu0W3mHj

— 森咲智美 (@p_tomo0812) October 4, 2019


関連記事:森咲智美のノーブラG乳がエチエチすぎ 形まるわかり投稿に「鼻血出そう」

■ワイルドでセクシーな姿に…

グラドルの歴史を紐解いても、「家を建てるグラドル」はそう多くないはず。アンバランスな世界観の中にセクシーさがたっぷり詰まった写真に対し…

「こんな美女がいたら、現場の職人が全員やる気出しそう」


「家だけでなく、別のものもたってしまうのでは…」


「安全靴でなく、安全ブラが必要なようですね」


といったコメントが多数寄せられていた。


■ノーブラでの外出経験は…

大多数の男性にとってブラジャーは一種の聖域。しらべぇ編集部ではブラジャーの謎を解明すべく、全国の20〜60代の女性669名を対象に調査を行なった。

調査の結果、「ノーブラで外出したことがある」と答えた女性は全体の44.8%と判明。この数値を多いと捉えるか少ないと捉えるかは男性次第だが、ノーブラでの外出を経験した女性は一定数いるようだ。

家を建ててもセクシーさが強調されてしまう森咲。果たしてその色気を封印できるシチュエーションは、この世に存在するのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

関連記事(外部サイト)