ブラマヨ吉田、道端・夫の“目を刺す発言”に理解 「言うて当たり前」

ブラマヨ吉田、道端・夫の“目を刺す発言”に理解 「言うて当たり前」

ブラマヨ吉田、道端・夫の“目を刺す発言”に理解 「言うて当たり前」

(alfimimnill/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬が、7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、モデル・道端アンジェリカの夫であるキム・ジョンヒ容疑者が、恐喝容疑で逮捕された事件について言及した。


■騒動について謝罪

しらべぇ既報のとおり、アンジェリカは5日に所属事務所を通して、事件について謝罪。「今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした」と説明していた。

その場にアンジェリカが同席していたことでネット上で批判が殺到していたが、「私は夫に対する後ろめたさや夫の怒りに対する恐怖などの思いから、発言の現場に居合わせた際、何もできませんでした」とコメントしている。


関連記事:道端アンジェリカ、夫の恐喝逮捕受け謝罪 「金銭の請求」は知らず

■「鉛筆で目を刺す」に理解

キム容疑者の「お前の家族をめちゃめちゃにしてやる」「嘘をついたら鉛筆で目を刺す」という発言が物議を醸しているが、意見を求められた吉田は「目の前で嫁がイチャイチャしてたってことですよね、他の男と。それで『鉛筆ぶっ刺すぞ』ぐらいは言うて当たり前ちゃうかな」と理解を示す。

この発言にMCの坂上忍から「ちょっと待てよ。それはないだろう」とツッコミが入ったものの、「鉛筆ぶっ刺して『お前の思い出、消しゴムで消したろか』ぐらい言う」と続ける。これには坂上も「何でちょっとうまいこと言ってんだよ」と呆れ、相方の小杉竜一からも「何で全部文房具で言うねん。文房具で統一するな」とツッコまれてしまう。

また、「知人の男性と身体を密着させ…」という謝罪文に、坂上が何をしていたのか疑問を抱くと、吉田は「耳舐めとか…」と言って笑いを誘っていた。


■好きな男性にしかボディタッチしない?

あくまで推測ではあるが、キム容疑者は知人男性と密着するアンジェリカの姿を見て、よからぬ思いをめぐらせたのかもしれない。

異性と体を触れることについては、このような調査がある。しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性680名に調査したところ、4割以上の女性が「好きな男性にしかボディタッチをしない」と回答している。アンジェリカがその知人男性にどのような思いがあったのかはわからないが、「夫に対する後ろめたさ」という文言から「知人」の域を越えた密着だったのだろうか。

いかなる理由であれ、お金を脅し取ることがあってはならない。もしも、自分の妻が別の男性と密着をしていたら、吉田は何と言うのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の女性680名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)