ピース・又吉直樹、佐藤仁美の結婚に嫉妬 「人を愛する準備はできてる」

ピース・又吉直樹、佐藤仁美の結婚に嫉妬 「人を愛する準備はできてる」

ピース・又吉直樹、佐藤仁美の結婚に嫉妬 「人を愛する準備はできてる」

芸人のみならず、そして作家としての活躍も目覚ましいピース・又吉直樹。彼の最新刊『人間』(毎日新聞出版)の発売に先駆け記者会見が10日に開かれ、本人自らが作品の魅力を語った。


■過去作とつながる部分も

又吉の作品といえば、300万部のベストセラーを記録し、芥川書も受賞したことで有名な処女作『火花』、2020年に映画化され話題となった『劇場』。本作はそれらに続く3作目の作品となる。

過去作品は若者の姿を描いていたが、今回は執筆時の又吉と同じ38歳男性が主人公。今までと異なるテイストではあるものの「1作目2作目を書いたからこそ、今作がある。今までの作品とは無関係じゃなく『繋がっている』気がします」と作品のファンには嬉しい一言を漏らした。


関連記事:小説の才能があると思う芸人は?今後の作家デビューに期待の声も

■お気に入りのフレーズ

また、今作は『毎日新聞』での連載として執筆されたことも話題に。ライブ感のある執筆ペースが求められるらしく、「本当に人間追い込まれたらどこでも書けた。なんなら街中でも書けた(笑)」と過酷な当時を振り返る。

そんな、気合を込めて書き上げた本作。お気に入りのフレーズを尋ねると、主要な登場人物が下北沢のバーで語るシーンでの「あの頃はクリントイーストウッドに触れてた」というワードをあげ照れ笑いを浮かべた。

■綾部へ作品を贈っているが…

相方・綾部祐二の話題に触れると、本を贈ったものの届いておらずリアクションまだだそう。同時に「過去作は一応手に取ってはくれてた。『火花』に関しては何ヶ月かかけて…僕が書いていた時間よりも長い時間をかけて読み切ってくれた」と明かし笑いを誘う。

また、今回は長編であるため、「この(2、3年)くらい待たないと(笑)」と悟った表情で語る。


■佐藤仁美結婚に嫉妬

イベント同日には、女優・佐藤仁美と俳優・細貝圭が結婚したことが発表された。これについてコメントを求めると「えっ今日!? 本当に祝福したいですし…羨ましいという気持ちしかないです」と驚きつつも嫉妬。

取材陣が又吉に対し「ご予定は…」と質問を飛ばすと「僕も人を愛する準備はできているんですけど…頑張ります…」と静かに答えるのだった。

(撮影・文/しらべぇ編集部・木根 大心)

関連記事(外部サイト)