『サンモニ』台風19号と地球温暖化がテーマに 「何でも政治のせいに…」の声も

『サンモニ』台風19号と地球温暖化がテーマに 「何でも政治のせいに…」の声も

『サンモニ』台風19号と地球温暖化がテーマに 「何でも政治のせいに…」の声も

(Elen11/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日放送のTBS系『サンデーモーニング』では、各地に甚大な被害をもたらした台風19号と地球温暖化の問題が取りあげられた。


■地球温暖化の影響

大型で強い勢力のまま本州に上陸した背景には、日本近海の海水温の上昇が影響しているという。台風は熱帯の温かい空気をエネルギー源として発達し、通常水温の低い日本付近で勢力を弱める。

ところが、台風19号の進路となった日本近海の海水温は27℃で、平均値(1981〜2010)と比較して2℃高い。国立環境研究所の江守氏は、

「海面水温は温暖化が止まらなければ上がり続けますから、今回のような発達して勢力を弱めずに上陸してくる。より強く発達した台風が日本を襲うという確率は、これからさらに高くなっていく。台風以外の大雨に関しても発生する確率が高くなっていく」


と、地球温暖化が影響していると話す。


関連記事:これってマジ?二酸化炭素が原因で地球が緑化しているらしい

■待ったなしの温暖化対策

9月23日、ニューヨークの国連本部では、温暖化対策を話し合うための気候行動サミットが開催された。

スピーチに立ったスウェーデン人のグレタ・トゥンベリさん(16)が、「人類が絶滅の危機に瀕しているのに、あなたたちはお金や経済成長というおとぎ話だけ語る。何ということだ」とスピーチし、全世界で反響を呼んだのはあまりに有名だ。

■77ヶ国が約束

こうした声にこたえるように、国連のグテーレス事務総長は、「77ヶ国が2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすると約束した」と述べた。

しかし日本は、アメリカや中国などの主要温室効果ガス排出国とともに、「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を約束しなかった。

出席した小泉環境大臣は、「日本の環境省は化石燃料に対してどのような方針か」という海外メディアの記者の質問に対して、「減らしていく」と答えたが、具体策については触れていない。国際社会はいまだ一致団結していない状況を露呈した。


■便利な社会の裏側には…

一方で、日常社会では温室効果ガスを排出し続けている。そこで、今このような行動に警鐘を鳴らす行動が注目されている。それは「飛び恥」。温室効果ガス排出量の8%を占めると指摘されるのが、観光業。

そのため二酸化炭素を多く排出する航空機に乗ることは、飛び恥だとして、ヨーロッパを中心に利用を避けようという動きが広がっている。そして、レジ袋やペットボトルなどのプラスチック廃棄物は回収後、7割近くは焼却され二酸化炭素を排出している。

■「まだ儲かるのでやりたい」

国立環境研究所の江守氏は、経済的利益ばかりを追求する状況に関して、

「温暖化対策を抜本的にやることは、色々な社会のシステムを大きく変える必要がある。『このまま便利な生活を諦めない』『まだ儲かるのでしばらくやりたい』と思ってしまう。


それをやめて温室効果ガスゼロの社会を目指す。まずは、考え方を変えてもらう必要がある」


と述べた。


■現実の生活を脅かす

遠い将来ではなく、現実の生活を脅かす地球温暖化について司会の関口宏氏は、

「どうしても自分ごとにしにくい。便利な生活を捨てるってことだよね。そのキッカケを何か作らなきゃいけないんだろうな。答えは僕にもわかりません」


とコメント。福山大学の田中秀征客員教授は、「文明史の折返し地点であり、知恵を出しあってみんなで頑張るほかはない」と述べた。これに対して、ジャーナリストの青木理氏は、

「人類の存在がかかっている状況になっていることに、いい加減気づかなくてはいけない。これをやらせるのは、残念ながら政治の力だ。今の政権に考えて頂きたい」


と安定のスタンスで締めた。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事(外部サイト)