「お宅の馬と性交させて」 断られ逆ギレした男の行動に唖然

「お宅の馬と性交させて」 断られ逆ギレした男の行動に唖然

「お宅の馬と性交させて」 断られ逆ギレした男の行動に唖然

(ndranik Hakobyan/iStock/Getty Images Japan/画像はイメージです)

少々風変りな性癖がある人がいても不思議ではないが、いきなり「お宅で飼育している動物と性交させて」というメールを送りつけられたとしたら…。馬との性交許可を求め断られたある男が怒り狂い、とんでもない復讐を試みた。


■馬を見ると性的に興奮する男

アメリカで暮らす男(31)が、「馬と性交したい」という願望をおさえられなくなり困り果てた。自分で馬を飼おうにもそんな金はない。そこで男は「ニュージャージーで馬を飼育している農場主に連絡して頼んでみよう」と思いつく。

昨年8月に「僕は馬に惹かれるのです」「お宅の馬と性交させてくださいませんか?」「この思いは真剣なものです」などという内容のメールや手紙を書きはじめ、複数の農場主らに送りつけ困惑させた。


関連記事:妻の知人の女子高生を就寝中に乱暴した30代男 「同意の上だった」と供述

■執拗な嫌がらせを開始

「どうぞ、うちの馬と性交してください」という人がいるわけもなく、あっさり断られた男は激怒。

逆ギレした末に「この農場は最低だ」といった酷いレビューをSNSに書くという嫌がらせをしたほか、タイヤをパンクさせる目的でスパイクを用意し農場付近に放置。何台もの車に傷をつけたほか、「お前の女房を木の棒でボコボコにしてやる」などと脅迫した。

このような嫌がらせは昨年の夏から今年10月まで続いていたといい、男は今月3日に逮捕された。

■男の自宅にあった物に震撼

通報を受け、男が母親やきょうだいと暮らす家に警官隊が急行。そこで爆発物のほかライフル銃も発見したといい、銃については許可も得ず不法に入手したものであると判明した。

男はタイヤをパンクさせるスパイクも自分で作っていたとみられ、爆発物を作る材料も自室に保管してあったという。


■弁護士の苦しい釈明

男の弁護士は「条件付きでいいので釈放を認めてほしい」と裁判所で求め、その理由として「前科がないしフルタイムの仕事をしている」「直接被害者らに接触したわけではない」「爆発物といっても、爆竹のようなものでしょう」と主張。

さらに「誰かに対し武器などを使う気はなかったのです」とも話しているが認められず、男は11月に再び出廷するよう命じられた。

馬と性交したい男につき多くのメディアが「変態」と報じ、男による嫌がらせ行為を大々的に報じている。復讐により死傷者が出なかったことは不幸中の幸いだったが、農場主らが男に抱いた嫌悪感は相当なものだったはずだ。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)