二階俊博氏の「まずまずに収まった」に批判 失言議員に国民は厳しい目

二階俊博氏の「まずまずに収まった」に批判 失言議員に国民は厳しい目

二階俊博氏の「まずまずに収まった」に批判 失言議員に国民は厳しい目

自民党の二階俊博幹事長が、10月21日に東日本に上陸した台風19号の被害について「まずまずの被害に収まった」と発言し、批判を浴びている。

『グッとラック!』(TBS系)のMC立川志らくは「数で国民を考えている」と激怒。一方ネットからは「発言の切り取り」「真意はそこじゃない」と擁護する声もあった。


■失言を繰り返す政治家は辞職すべき?

政治家の失言は与野党問わず飛び出しており、繰り返す人物については「議員にふさわしくないので辞職するべき」という声が上がる。

しらべぇ編集部が全国の10〜60代の男女1,653名に実施した調査では、67.3%が「辞職するべきだ」と回答。

失言を繰り返す政治家について厳しい目を持つ人は、かなり多い。


関連記事:失言が多いと自称する人に批判 「謝るなら最初から言うな」

■年代別に見ると

「失言を繰り返す政治家は辞職するべきだ」と答えた人を年代別に見てみよう。

60代の割合が高く、76.1%となっている。一方、20、30代は割合が若干低めだ。不適切とされる発言は「切り取られたもの」であることも多く、ネットで全文を確認すると失言とまでは言い切れないことも。

ネットを見ず、テレビや新聞で情報を得ている人が多い世代ほど、1人の政治家に失言が多い印象を持ち、「辞職するべきだ」と感じるのかも。

■辞職すべきと考える人の意見は?

「失言の多い政治家は辞職するべきだ」と話すのは60代女性のBさんだ。

「権力を持つ人間が国民や特定人物のことを誹謗中傷するのは許せないし、議員として失格。繰り返すようなら辞めていただくしかない。


池江璃花子選手が病気になったことを『がっかり』と言ったりしたあの人は、大臣を辞めても政治家は続けている。納得いかないですよ」


■必要ないとの声も

一方「辞職の必要はない」と主張するのは30代のAさん。

「発言の真意や前後関係をしっかりと確認しないまま、メディアが失言と決めつけているケースがあるし、わざと怒らせて失言を引き出そうとしていることも多い。


失職が義務付けられると、メディアが意図的に特定人物の発言を失言と祭り上げ、辞職に追い込むことができてしまう。気に入らないなら、選挙で落とすべき」


様々な意見があるが、失言と感じるような言葉がすべての発端であることは間違いない。議員という立場での発言が不適切に成らないよう、気をつけてもらいたい。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の男女1,653名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)