キレた教師が「ゴミを食え」と命令 病院に搬送される児童も

キレた教師が「ゴミを食え」と命令 病院に搬送される児童も

キレた教師が「ゴミを食え」と命令 病院に搬送される児童も

(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

教師によるいじめ、また生徒に手を出すといった「教育者」の問題行為に世間が驚くなか、ある教師が複数の児童にゴミを食べるよう命じていたことが明らかになった。これが原因となり病院に搬送された児童もいたといい、批判する声が多くあがっている。


■ゴミ箱の中身を見た教師

9月7日のこと、中国河南省にある小学校の寮にて、ひとりの教師が寮内の状態を細かく確認。「ゴミ箱にゴミが残ったままだ」と気付き激怒した。

そこで「ゴミ箱の中身を捨てに行くのは誰の役目だ?」と声を荒げたが、児童たちは怯え真実を明かそうとはしなかったとのこと。それにますます腹を立てた教師は、児童たちにとんでもないことを命じた。


関連記事:4年間のいじめで追い込まれた児童の悲鳴 教委・学校のずさんな対応も明らかに

■「ゴミを食べろ」と命令

そこで教師は「ゴミ箱の中身を順番にひとつずつ食え」と命じ、寮を出ていったとのこと。「大変なことになった」と怯えた児童たちのうち少なくとも4名が指示に従い、ゴミを飲み込んだとみられている。

また一部メディアは「第三者に情報がもれたら学校から追い出される」と児童たちが思いつめ、言われた通りにしたうえで秘密にしていた可能性を伝えた。

■搬送された児童

その後に11歳の児童ひとりが激しい腹痛を訴え病院に搬送されたというが、保護者は児童の吐しゃ物などにプラスチック袋や紙、果物の皮などが含まれていることに気付き、とても驚いたという。

被害を受けた児童たちは教師を恐れ、胃痛に耐えられなくなるまで真実を明かせずにいたとみられている。これら児童のうちひとりは精神的、また身体的にストレスを受けたため「転校を余儀なくされた」という。


■学校側のお粗末な対応

この件につき、校長はなんと教師を擁護。

「先生は本気だったわけじゃありません」「腹を立ててゴミを食べろと言っただけで、本当に食べさせる気はなかったのです」と話している同僚もいるというが、多くの人々は「強制されていないのにゴミを食べるはずがない」と指摘し、校長を含む学校を痛烈に批判した。

これがきっかけとなり校長は職を失い、問題の教師は当局に身柄を拘束されたという。最低なことを児童たちに命じた男に、「教育者」を名乗る資格などない。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)