同棲を始めた彼氏に衝撃の事実が発覚 「訳がわからない」と呆然

同棲を始めた彼氏に衝撃の事実が発覚 「訳がわからない」と呆然

同棲を始めた彼氏に衝撃の事実が発覚 「訳がわからない」と呆然

(byryo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パートナーと長い付き合いをしていく上で、食の好みは重要なポイントになるだろう。女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「偏食すぎる彼氏」に悩む女性のトピックが話題になっている。


■同棲を始めた彼氏が偏食

同棲して4ヶ月の彼氏がいるという投稿者。彼とは外食が多く今まで気が付かなかったようだが、かなり偏食であることが発覚したと語る。

彼が進んで食べるものは生姜焼きかウインナーのみ。また、「美味しい」トマトやブロッコリーは食べるが、基本的にサラダも食べられず、こってりとした食べ物も嫌いなようだ。


関連記事:好き嫌いが多い人の食事でドン引き! 「偏食の人は育ちが悪い」と厳しい声も

■毎日の食事にストレス

本人は「俺の舌は美食家並みだから」と話しているそうで、投稿者は「訳のわからないことを…」と呆れている様子。

今後同棲を続ける上で、「家庭料理にプロが作った味を求められても困ります」と綴る女性。ユーザーに向けて、「偏食すぎるパートナーをお持ちの方、ご飯作りどうしてますか?」「毎日ストレスでしかありません」と問いかけた。

■ユーザーから寄せられたアドバイス

この投稿を受けて、掲示板ユーザーからは「同じものを出し続ける」「個々で食べたほうが…」など様々なアドバイスが寄せられた。中には、食の好みが違う相手との結婚を心配する人も。

「焼いたウィンナーと冷凍ブロッコリーをレンチンしたものを延々と出し続けるかな、私だったら。面倒臭いもん」


「彼は料理しないの? 彼がそこまで偏食なら個々で作って食べた方がいいと思う」


「私ならそれだけ延々と出すけど、将来を考えるなら良くないし、結婚すると食の嗜好の違いって想像以上に精神的にくるよ」


■2割が「好き嫌いがある」

極端な偏食に困惑している様子の投稿者。しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,345名に「食べ物の好き嫌い」について調査したところ、2割が「好き嫌いが多いほうだ」と回答。

男女年代別に見てみると、すべての年代で女性のほうが好き嫌いが多い傾向にあることが判明した。

毎日欠かせない食事に日々頭を悩ませていると、気持ちまで疲れてしまうだろう。ユーザーから寄せられたアドバイスによって解決できることを祈るばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年7月24日〜2015年7月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,345名

関連記事(外部サイト)