新井恵理那、包茎の霜降り・粗品と付き合うのは「手術後なら…」

新井恵理那、包茎の霜降り・粗品と付き合うのは「手術後なら…」

新井恵理那、包茎の霜降り・粗品と付き合うのは「手術後なら…」

(画像は新井恵理那Instagramのスクリーンショット)

爆笑問題・太田光と田中裕二、霜降り明星・粗品とせいやが、それぞれの同世代の芸人らと「普段生活するなかで心配で仕方がない人やモノ」を検証する『爆笑問題のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)。

18日深夜放送回では、アシスタントの新井恵理那が、霜降り・粗品の大ファンと判明。2人の交際の可能性について言及されると、見事な返しを披露した。


?太田が新井の本をイジる

新井から「いま心配なことなんですか?」と尋ねられた太田は「世の中には夢を追いかけて掴む人もいるけど、何をやっているかわからないで生きて、そのうち自分のやりたいことを見つける人もいる」と熱弁。

すると新井は「それ私の『八方美人』ですね」と発売した自身のフォトエッセイの一節だとツッコむ。ここから、出演者に新井が配った同書の話題に移り、粗品が口を開く。


関連記事:霜降り明星・粗品、下半身の悩みを明かす 「推せる」と好感度急上昇

?粗品の秘密に…

ページを開いたところに新井のサインが書かれているのだが、粗品は「ファンなんでご一緒できるのが嬉しいです」と記されていたと明かす。

これに「言わないでくださいよ。こういうのは人に言わないものだから書ける」と照れ笑いを浮かべる新井に、太田が「でも包茎だよ?」と粗品の悩みをぶつける。

慌てて制止する粗品だが、せいやからは「八方包茎」、太田からさらに「股間がイップス」などイジりが加速。ひと盛り上がりした後、それでも「もし粗品に交際を迫られたらどうするか」を尋ねられた新井は、「(包茎)手術後なら…」と見事に切り返しスタジオを盛り上げた。

?新井に称賛の声

悩みを暴露され慌てた粗品に対し、最後まで冷静に、流れに沿って返した新井。

その姿に視聴者からは「最近無い大爆笑した。やっぱ新井恵理那スゲぇ」「粗品が包茎であることへの反射神経は素晴らしい。ただの天然ではなかった」と惜しみない称賛が送られた。


?約半数は「芸能人の天然に疑惑」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、全体の約半数が「芸能人の『天然キャラ』は作っているだけだと思う」と回答している。

あざといだけでなく、天然キャラとしても周知されている新井だが、実際のバラエティでの対応力は天然のそれではない。この日の見事な切り返しに、驚いた視聴者も少なくないだろう。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)