三四郎・小宮浩信が編み出した緊張緩和法に「試したい」との声殺到

三四郎・小宮浩信が編み出した緊張緩和法に「試したい」との声殺到

三四郎・小宮浩信が編み出した緊張緩和法に「試したい」との声殺到

19日放送『自慢したい人がいます 〜背景ひねくれ3様〜』(テレビ東京系)で、三四郎・小宮浩信とハライチ・岩井勇気が独自の「緊張を緩和する方法」を明かし、大きな反響が起きている。


?緊張を緩和する方法

視聴者から「自慢したいこと」を番組で募集。30代の男性から「会議や発表など緊張する場で、全員を野菜と考えて緊張しないテクニックを持っている」との投稿が届いた。

これに南海キャンディーズ・山里亮太は「この人めちゃくちゃいい人。これはおばあちゃんの教え、それを守っている」と投稿者を称える。そこから小宮は「こういうのが通用しなくなって、そこから独自の方法を編み出していく」と告白、舞台などで使っている独自の緊張緩和法を明かしていく。


関連記事:三四郎・小宮が過去の武勇伝自慢を分析 「女性が不良好きなのが悪い」

?小宮と岩井が開発

視力が悪いため「片方のコンタクトを外し観客を見えなくする」という、力技を開発したのだが、それでも緊張してしまった小宮。

そこで「どうせお客さん30〜40年後には死ぬし」と考え、その場でいくら失敗してもかまわないと開き直ることで緊張を緩和すると明かす。

続けて岩井は「全員、俺の人生のエキストラ達と思う」ことで緊張をごまかすと告白。「人生の主役は自分」という確固たる自信を持って、周囲をエキストラ扱いする岩井に小宮は「僕ととんでもない差がついた。『どうせ死ぬ』ってめちゃくちゃ雑魚じゃん、僕」と嘆いた。

?視聴者は興味津々

小宮は卑下したが、多くの視聴者は小宮の緊張緩和法に興味を持ったようだ。

「小宮さん、そう思いながら舞台に立ってるんだね」「極端すぎて笑う」とそのスタイルを楽しむ声や、「小宮さんの緊張緩和方法参考になる」など「試してみたい」視聴者も多かった。


?7割近くが「緊張しやすい」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の66.1%が「自分は緊張しやすい」と回答している。

性格上、どうしても緊張してしまうのは仕方がない。その中で編み出された小宮の「30年後には死ぬ」対処法は、開き直るという意味では有効なのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1,721名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)